Welcome to Fidelity

Select a location so we can provide you with the appropriate information

Bienvenue chez Fidelity

Veuillez sélectionner un pays afin que nous vous communiquions l'information appropriée

Willkommen bei Fidelity

Wählen Sie Ihren Standort aus, damit wir Ihnen die für Sie passenden Informationen anzeigen können.

Benvenuti in Fidelity

Seleziona un paese in modo da consentirci di fornirti le informazioni appropriate

フィデリティのウェブサイトへようこそ

適切な情報を表示するため、現在お住まいの地域を選択してください。

Important information

I confirm that I am accessing this website for the purpose of acquiring information as, or for, an Institutional Investor (a corporate or other non-retail investor acting for their own account).

By accessing the restricted area I confirm my agreement with‚ and understanding of‚ the following terms of use and the legal provisions. If I do not agree to the terms and legal conditions‚ I must not access this website or any pages thereof. I acknowledge that access to the information contained on this website is available to "Qualified Investors" only as defined below. A private individual or legal representative or any other party without this qualification should not enter this website.

By accessing this website or any of its pages‚ I confirm that I am a qualified investor in accordance with Art 10.3 CISA.

The following are considered to be qualified investors:

  • supervised financial intermediaries such as banks, securities dealers‚ management companies and asset managers of collective investment schemes‚ as well as central banks;
  • supervised insurance companies;
  • public-law bodies and occupational pension institutions with professional treasury;
  • companies with professional treasury.

I understand the information contained in this website is not directed at, nor is it intended for distribution to, or use by, persons in any jurisdiction in which the dissemination of such investment related information is not permitted. I also understand that the information contained in this site is not directed to any party that may be defined as a ‘retail investor’ by the home regulator of the country in which the website is being accessed. I understand that the information or opinions contained herein should not be construed as an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any investment product nor shall any such investment products or services be offered or sold to any person in any jurisdiction in which such offer, solicitation, purchase or sale would be unlawful. Fidelity has expressed its own views and opinions on this website, and these may change and there is no obligation to update them. Nothing in this website should be construed as investment, tax, legal or other advice. The information contained herein is subject to change without notice.

I understand the information contained in this website is not directed at, nor is it intended for distribution to, or use by, persons in any jurisdiction in which the dissemination of such investment related information is not permitted. I also understand that the information contained in this site is not directed to any party that may be defined as a ‘retail investor’ by the home regulator of the country in which the website is being accessed. I understand that the information or opinions contained herein should not be construed as an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any investment product nor shall any such investment products or services be offered or sold to any person in any jurisdiction in which such offer, solicitation, purchase or sale would be unlawful. Fidelity has expressed its own views and opinions on this website, and these may change and there is no obligation to update them. Nothing in this website should be construed as investment, tax, legal or other advice. The information contained herein is subject to change without notice.

This website has been issued by FIL Fund Management Limited, a Bermuda company licensed to conduct investment business by the Bermuda Monetary Authority. Neither FIL Fund Management Limited, its parent company FIL Limited, nor any of their group companies or affiliates makes or gives any warranty or representation that any information contained on this website is accurate, complete, or fit for any particular purpose.

I acknowledge that neither FIL Fund Management Limited, FIL Limited, nor any of their group companies or affiliates will have any liability for any losses arising directly or indirectly from any information accessed from this website. By accepting this representation I also confirm my agreement to the website Terms and Conditions, which I have read and understood.

Fidelity International, the Fidelity International logo and F symbol are trademarks of FIL Limited, a company existing under the laws of Bermuda.

If the above representation is correct, please click 'I agree' below to continue to the site.

Information importante

Je confirme accéder à ce site Internet afin d’obtenir des informations en qualité d’investisseur institutionnel.

Je comprends que les informations contenues sur ce site Internet sont destinées exclusivement aux investisseurs résidant en France et ne doivent pas être diffusées à quiconque pouvant être considéré comme un investisseur particulier. Je comprends que les informations ou opinions présentées sur ce site ne constituent pas des recommandations d’achat ou de vente. Fidelity a exprimé ses propres vues et opinions sur ce site Internet, et celles-ci peuvent évoluer sans que Fidelity n’assume aucune obligation de les actualiser. Aucun élément de ce site Internet ne doit être interprété comme un avis d’investissement, fiscal ou juridique ou autre. Les informations que comporte ce site peuvent changer sans notification.

Ce site Internet est présenté par FIL Gestion, SGP agréée par l'AMF sous le n°GP03-004, 29 rue de Berri, 75008 Paris. Ni FIL Gestion, ni sa société mère FIL Limited, ni aucune des sociétés ou affiliées du groupe ne garantit ni ne fait aucune déclaration sur l’exactitude, l’exhaustivité ou l’adaptation à une finalité donnée des informations présentées sur ce site Internet.

Je reconnais que ni FIL Gestion, ni FIL Limited, ni aucune des sociétés ou affiliées du groupe n’assume une quelconque responsabilité au titre de toute perte découlant directement ou indirectement de toute information obtenue à partir de ce site Internet.

Ce site présentant des informations en langues française et anglaise, j’accepte de recevoir des informations non exclusivement rédigées en français.

Je confirme également, par l’acceptation de cette déclaration, mon accord sur les conditions et modalités du site Internet que j’ai lues et comprises.

Fidelity, Fidelity International, le logo Fidelity International ainsi que le symbole F sont des marques déposées de FIL Limited.

Si vous accepter les termes de la déclaration ci-dessus, veuillez cliquer sur « j’accepte » ci-dessous pour poursuivre votre navigation sur ce site.

Wichtige Informationen

Hiermit bestätige ich, dass ich diese Website zur Informationsbeschaffung als institutioneller Anleger (ein auf eigene Rechnung handelndes Unternehmen oder ein anderer nicht als Privatanleger geltender Investor) bzw. für einen institutionellen Anleger besuche.

Mit dem Zugriff auf den zugangsbeschränkten Bereich bestätige ich, dass ich die folgenden Nutzungsbedingungen und rechtlichen Klauseln verstanden habe und mit ihnen einverstanden bin. Andernfalls darf ich auf diese Website oder Teile davon nicht zugreifen. Mir ist bewusst, dass der Zugang zu den Informationen auf dieser Website nur für „qualifizierte Anleger“ gemäss untenstehender Definition vorgesehen ist. Eine Privatperson, ein rechtlicher Vertreter oder irgendeine andere Partei ohne diese Qualifikation sollte nicht auf diese Webseite zugreifen.

Mit dem Zugriff auf diese Website oder Teile davon bestätige ich, dass ich ein qualifizierter Investor gemäß Art 10 Absatz 3 des schweizerischen Bundesgesetzes über die kollektiven Kapitalanlagen bin.

Als qualifizierte Anlegerinnen und Anleger im Sinne dieses Gesetzes gelten:

  • beaufsichtigte Finanzintermediäre wie Banken, Effektenhändler, Fondsleitungen und Vermögensverwalter kollektiver Kapitalanlagen sowie Zentralbanken;
  • beaufsichtigte Versicherungseinrichtungen;
  • öffentlich-rechtliche Körperschaften und Vorsorgeeinrichtungen mit professioneller Tresorerie;
  • Unternehmen mit professioneller Tresorerie.

Mir ist bewusst, dass sich die Informationen auf dieser Website nicht an Personen richten bzw. für sie bestimmt sind, in deren Land die Verbreitung solcher anlagebezogenen Informationen nicht erlaubt ist. Mir ist bewusst, dass die hier zu findenden Informationen oder Meinungen nicht als Aufforderung zum Kauf oder Verkauf eines Anlageprodukts zu verstehen sind. Es sollen auch keine solchen Anlageprodukte oder Dienstleistungen Personen angeboten oder verkauft werden, in deren Land ein entsprechendes Angebot, eine Aufforderung, ein Erwerb oder Verkauf ungesetzlich wäre. Fidelity äußert auf dieser Website seine eigenen Ansichten und Meinungen, die sich jederzeit ändern können, ohne dass eine Verpflichtung zur Aktualisierung besteht. Kein Inhalt dieser Website ist als Beratung in Bezug auf Geldanlagen, Steuern, rechtliche oder sonstige Aspekte zu verstehen. Die hierin enthaltenen Informationen können sich ohne entsprechende Mitteilung jederzeit ändern.

Mir ist bewusst, dass sich die Informationen auf dieser Website nicht an Personen richten bzw. für sie bestimmt sind, in deren Land die Verbreitung solcher anlagebezogenen Informationen nicht erlaubt ist. Mir ist ebenfalls bewusst, dass sich die Informationen auf dieser Website nicht an Adressaten richtet, die von der Aufsichtsbehörde in dem Land, von dem aus die Website besucht wird, möglicherweise als „Privatanleger“ klassifiziert werden. Des Weiteren ist mir bewusst, dass die hier zu findenden Informationen oder Meinungen nicht als Aufforderung zum Kauf oder Verkauf eines Anlageprodukts zu verstehen sind. Es sollen auch keine solchen Anlageprodukte oder Dienstleistungen Personen angeboten oder verkauft werden, in deren Land ein entsprechendes Angebot, eine Aufforderung, ein Erwerb oder Verkauf ungesetzlich wäre. Fidelity äußert auf dieser Website seine eigenen Ansichten und Meinungen, die sich jederzeit ändern können, ohne dass eine Verpflichtung zur Aktualisierung besteht. Kein Inhalt dieser Website ist als Beratung in Bezug auf Geldanlagen, Steuern, rechtliche oder sonstige Aspekte zu verstehen. Die hierin enthaltenen Informationen können sich ohne entsprechende Mitteilung jederzeit ändern.

Diese Website wurde von FIL Fund Management Limited eingerichtet, einem Unternehmen mit Sitz auf bzw. nach dem Recht der Bermuda-Inseln, das über eine Genehmigung der Bermuda Monetary Authority zur Ausübung von Investmenttätigkeiten verfügt. Weder FIL Fund Management Limited noch sein Mutterunternehmen FIL Limited oder irgendein anderes Konzernunternehmen oder verbundenes Unternehmen übernimmt die Gewähr dafür oder erklärt, dass die Informationen auf dieser Website zutreffend, vollständig oder für jedwede Zwecke geeignet sind.

Ich erkenne an, dass weder FIL Fund Management Limited noch FIL Limited oder ein anderes Konzernunternehmen bzw. verbundenes Unternehmen für etwaige Verluste haftet, die direkt oder indirekt aus einer auf dieser Website beschafften Information resultieren. Durch Annahme dieser Erklärung bestätige ich auch mein Einverständnis mit den Nutzungs- und Geschäftsbedingungen dieser Website, die ich gelesen und verstanden habe.

Fidelity International, das Fidelity International Logo und das F-Symbol sind Markenzeichen von FIL Limited, einem nach dem Recht der Bermuda-Inseln eingetragenen Unternehmen.

Diese Website präsentiert Informationen in englischer und deutscher Sprache. Als professioneller Anleger akzeptiere ich hiermit, Informationen in mehr als einer Sprache zu erhalten.

Wenn die obige Erklärung zutrifft, klicken Sie bitte auf „Ich stimme zu“, um auf die Website zu gelangen.

Informazioni importanti

Confermo di voler accedere a questo sito web per acquisire informazioni in veste o per conto di un Investitore istituzionale (una società o altro investitore non retail che agisce per proprio conto).

Riconosco che le informazioni contenute in questo sito web non sono dirette né sono destinate alla distribuzione o alluso da parte di soggetti in qualsiasi giurisdizione in cui la diffusione di tali informazioni relative allinvestimento non è consentita. Riconosco inoltre che le informazioni contenute in questo sito web non sono dirette a soggetti che potrebbero essere definiti "investitori retail" dall'autorità di vigilanza nazionale del paese dal quale si accede al sito stesso. Riconosco che le informazioni o le opinioni contenute in questo sito web non devono essere interpretate come un'offerta di vendita o come la sollecitazione di un'offerta di acquisto di un prodotto o un servizio di investimento, né tali prodotti o servizi di investimento possono essere offerti o venduti a soggetti di giurisdizioni nelle quali tale offerta, sollecitazione, acquisto o vendita sarebbero illegali. Questo sito web contiene giudizi e opinioni espressi da Fidelity, che sono soggetti a modifica e rispetto ai quali non sussiste alcun obbligo di aggiornamento. Nulla di quanto contenuto in questo sito web va considerato come una consulenza di investimento, fiscale, legale o di altra natura. Le informazioni qui riportate sono soggette a modifica senza preavviso.

Questo sito web è pubblicato da FIL Fund Management Limited (una società delle Bermuda autorizzata a svolgere attività d'investimento dalla Bermuda Monetary Authority). Né FIL Fund Management Limited, né la sua società madre FIL Limited, né alcuna delle loro società del gruppo o affiliate fornisce o rilascia alcuna garanzia o dichiarazione che le informazioni contenute in questo sito web siano accurate, complete o adatte a uno scopo particolare.

Riconosco che né FIL Fund Management Limited, né FIL Limited né alcuna delle loro società del gruppo o affiliate si assumono alcuna responsabilità per eventuali perdite derivanti direttamente o indirettamente da informazioni ottenute da questo sito web. Accettando questa dichiarazione confermo anche di aver letto, compreso e accettato i Termini e le condizioni d'uso del sito web.

Fidelity International, il logo Fidelity International e il simbolo F sono marchi di proprietà di FIL Limited, una società costituita nelle Bermuda.

Se la dichiarazione di cui sopra è corretta, cliccare "Accetto" qui sotto per continuare a visitare il sito.

重要な情報

私は、機関投資家(自己勘定取引を行う個人投資家以外の法人その他の投資家)として、あるいはかかる機関投資家のために、当ウェブサイトにアクセスし、情報を取得するものです。

私は、当ウェブサイトに掲載される情報は、かかる投資関連情報の流布が違反となる法域の人物に提供するものではなく、そういった人物によって拡散されたり利用されたりすることを意図したものでもないことを理解しています。また、当サイトに掲載される情報が、ウェブサイトにアクセスする場所の国の規制当局によって「個人投資家」と定義され得る人物に向けたものではなく、当サイトにある情報または意見は、何らかの投資商品の勧誘や募集と解釈すべきではなく、かかる投資商品またはサービスの募集、勧誘、売買が違法となる法域にいる人物に対して募集ないし販売されるものでもないことも理解しています。フィデリティは、当ウェブサイト上に自社の見解や意見を掲載していますが、これらは変わる可能性があり、そういった変更があった場合に当ウェブサイトを更新しなければならないという義務は負っていません。当ウェブサイトの内容はいずれも投資、税務、法務、その他の助言と解釈すべきではなく、ウェブサイト上の情報は通知なく変更される可能性があります。

当ウェブサイトはバミューダ籍の法人でバミューダ金融庁から投資事業免許を取得しているFILファンド・マネジメント・リミテッドが作成しています。FILファンド・マネジメント・リミテッド、その親会社であるFILリミテッド、またはそれらのグループ会社か関連会社のいずれも、当ウェブサイトに掲載される情報が正確であるとか、完全であるとか、特定の目的に適合したものである等の保証や表明は行っておらず、そういった保証や表明を提供することもありません。

FILファンド・マネジメント・リミテッド、FILリミテッド、またはそれらのグループ会社か関連会社のいずれもが、当ウェブサイトから入手した情報によって直接または間接的に発生した損失の責を負うものではないことに了承します。

フィデリティ・インターナショナル、フィデリティ・インターナショナルのロゴおよびFのシンボルはバミューダ法の下で設立された法人であるFILリミテッドの商標です。

以上をご確認いただける場合には、以下の「同意します」ボタンをクリックしてください。

パッシブはピークに達したか?

ユニークな市場環境はパッシブ投資台頭の一要因にすぎません。しかし、金融政策と市場ダイナミクスが変化する中、パッシブの好調は「ピーク」を迎えているのでしょうか。

by Richard Edgar, David Buckle, Martin Dropkin, Nick King, Sonja Laud and Sebastian Morton-Clark

2018年6月4日, 12:06 GMT

パッシブ投資の世界は近年、驚異的な成長を遂げてきましたが、これは投資家行動の根本的な変化の結果なのでしょうか、それとも単にユニークな市場環境によるものなのでしょうか。市場ダイナミクスと金融政策が変化し始めている今、パッシブの好調は「ピーク」に達している可能性があるでしょうか。それは投資家にとって何を意味するのでしょうか。

このディスカッションでは、編集長のリチャード・エドガーが、フィデリティのETF責任者であるニック・キング、株式責任者であるソニア・ロード、債券リサーチ責任者であるマーティ・ドロプキン、そして投資ソリューションズ・デザイン責任者であるデイビッド・バックルという各分野の専門家とともに、アクティブ投資とパッシブ投資の関係はどこに向かっているのか、市場の新時代到来の可能性がある中、投資家がこれら2つをどう考えるべきかを探ります。

  • Click here for more podcasts in this series
  • 本ポッドキャストをお聞きになるには、お使いのモバイル機器で任意のアプリを開き、「フィデリティ」を検索し、「投資プロフェッショナルのみを対象としています」というタイトルが付された赤い「F」のロゴを探してください。

トランスクリプト

リチャード・エドガー:この10年はパッシブ投資にとって輝かしい時期となりました。アクティブ投資のパフォーマンスの低迷と、アクティブ運用ファンドのよりも低いコストにひかれ、資産が続々と流入しました。しかし、事はそれほど単純ではありません。市場の成熟に伴い、インデックスに連動することと、市場全体のアウトパフォームを目指しポートフォリオ・マネージャーに資金を委ねること、それぞれの相対的な長所と短所をめぐる議論が活発化しています。市場ダイナミクスと金融政策が変化しつつある中、この議論にかつてないほどの関心が寄せられています。果たして今はパッシブの好調は「ピーク」なのでしょうか。そうだとすれば、パッシブ・プロバイダーは好調を維持するために何をする必要があるのでしょうか。アクティブ・マネージャーはいかにチャンスをつかむべきでしょうか。そして投資家は、どのようにすれば両方をうまくポートフォリオに取り入れることができるのでしょうか。

本日は、こうした疑問に答えるために、フィデリティの専門家の皆様にスタジオにお集まりいただいています。こちらはETFの責任者であるニック・キングさんです。ニック、この市場の発展について最も面白いことは何でしょうか。

ニック・キング:それは、パッシブ商品に流入した資産の規模だと思います。2007年から2017年の10年間にほぼ3超米ドル、それほど巨額の資金が流入したのです。

リチャード・エドガー:それは巨額ですね。ETF責任者としては喜ばしいことでしょうね。

ニック・キング:はい、そのとおりです。

リチャード・エドガー:こちらは株式責任者のソニア・ロードさんです。ソニア、このところアクティブ運用のコストが大きく注目されています。最近はアクティブ・マネージャーとして厳しさをお感じでしょうか。

ソニア・ロード:はい、厳しいと感じています。ただ、この議論はやや片寄っています。アクティブのコスト面だけではなく、最終投資家に実際に何をもたらすかに目を向けるべきだからです。私としては、今後の議論がもう少し突っ込んだ、アセット・アロケーションにおける各商品の貢献を考慮したネットのリターンを問うものになると考えます。

リチャード・エドガー:もう少し突っ込んだ議論は、今日のディスカッションでも展開していきたいと思います。こちらは債券リサーチ責任者のマーティ・ドロプキンさんです。マーティ、こんにちは。アクティブとパッシブの議論は債券のフロアでも日々交わされていますか。

マーティ・ドロプキン:株式関係者の間ほどではないと思います。それは、債券ではアクティブとパッシブははっきり区別できるものではなく、様々な角度からの議論が可能であるからです。債券でパッシブが占める割合は約10%と述べましたが、その計算自体、難しいところがあります。

リチャード・エドガー:なるほど。最後に、こちらは投資ソリューションズ・デザインの責任者であるデイビッド・バックルさんです。さて、デイビッド、投資商品を顧客のニーズに合わせるためにアクティブとパッシブの両方を利用されていますが、顧客の姿勢に変化は見られますか。

デイビッド・バックル:はい、姿勢に関して目につくのは、アクティブかパッシブかというより、低コストか高コストかが重視され、それがパッシブへの流入要因になっていることです。

リチャード・エドガー:後でもう少し詳しくお聞きしたいと思います。皆様、本日はようこそいらっしゃいました。

市場ダイナミクスとパッシブの成長[ここにスキップ]

まず、背景について話したいと思います。パッシブの運用を担っているニックからお願いします。先ほど、パッシブの数年来の高成長について発言されました。好ましい市場環境がパッシブ商品を支えてきたわけですが、近年のパッシブがいかに好調だったか説明していただけますか。

ニック・キング:株式市場を例に取ると、MSCIワールド・インデックスは、2009年から現在まで年率ほぼ12%のリターンとなっています。ベータのリターンがこれほど高ければ、アルファにはさらに高いパフォーマンスが求められます。それに加えて、この大きな強気相場の間、株式銘柄間の相関も極めて高く、アクティブ・マネージャーにとって差別化がなかなか困難な環境でした。

リチャード・エドガー:では、パッシブで十分好調なパフォーマンスを得られたということですね。

ニック・キング:そうですね。その上、規制の変化によりコストと透明性により厳しい目が注がれるようになったことも、パッシブ投資の追い風となっています。こうした2つが相まってまさに完璧な環境になりました。

リチャード・エドガー:しかし、環境は変化しています。ソニア、市場の構造プレートは確かに動いているようですが、新たに浮上しつつある状況について説明していただけますか。フィデリティはアクティブが多いので、自社の話ばかりしたがるように思われるといけませんが、今後アクティブ・マネージャーにとってより明るい時期が到来するでしょうか。

ソニア・ロード:そうなると思います。パッシブのこの高いパフォーマンスをもたらしたもの、つまりここ数年のベータの原動力は何であったかを理解することが大切だと思います。忘れてならないのは前例のない規模の中央銀行の支援です。そのために世界の株式市場ではリターンのばらつきが極めて小さくなり、高い年間パフォーマンスが達成されることとなりました。さてここで量的緩和から量的引き締めへの移行が進展しているならば、ついにリターンのばらつきが高まる環境になるのでしょうか。それは明らかに銘柄の追求やアクティブな銘柄選択を行う上ではるかに好ましいものであり、私たちは、その方向に進んでいると考えています。

デイビッド・バックル:少し言葉を挟ませてください。ソニアの話に付け加えたいのですが、コストが大きな要因となったことには、金利水準も関係しています。金利が5%ならば、運用手数料が0.5%高くてもあまり心配ないわけですが、金利が0%であれば影響は甚大です。したがって、金利環境も手数料に圧力を加えた要因と考えられます。

パッシブはピークに達したか?[ここにスキップ]

リチャード・エドガー:ニック、このポッドキャストで提起している「パッシブはピークに達したか」という問題について、どうお考えですか。

ニック・キング:パッシブの成長が続く余地はまだあると思います。特に債券市場におけるパッシブの利用は株式市場ほど多くありません。しかし、私も皆さんと同じ意見で、この大きな強気相場を経て今ではバリュエーションはかなり高い水準にあり、投資先のファンダメンタルズをもとに投資するアクティブ投資が力を発揮しやすい種類の環境になっていると思われます。したがって、資金流入はやや鈍化する可能性があるでしょう。

リチャード・エドガー:マーティ、債券市場はどうですか。様々なことが起きていますが、そちらの様子はどうでしょうか。

マーティ・ドロプキン:おそらく債券の世界でパッシブの利用が拡大する余地はあると思われますが、私たちはパッシブを連続的なものと考えています。債券を資産クラス別に分けると、資産クラスによってパッシブの傾向が強いファンドがあります。一方、ソニアの株式のばらつきに関する話と同じ現象がクレジットにも起きると見込まれます。金利が上昇し始めると、クレジット間でばらつきが出始めると思われますが、ダウンサイド・プロテクションが求められ、リターンが非対称的な資産クラスでは、値下がり銘柄の回避という考え方が非常に重要になります。そうした部分では、アクティブが効果的です。

リチャード・エドガー:インデックスに投資する場合は、それはできないからですね。

マーティ・ドロプキン:まさにおっしゃる通りです。

リチャード・エドガー:それに債券のインデックスは株式とは全く別物です。

マーティ・ドロプキン:そうです、それは債券ではほぼ禁句です。

リチャード・エドガー:数えてみると、インデックスの綴りは…ほぼ4文字ですね。

マーティ・ドロプキン:ほぼそうです。

リチャード・エドガー:数学はお手の物かと思っていました。

マーティ・ドロプキン:そんなことはありません。しかし、債券は今、ベンチマークに依存しない資産クラスになっています。特に、トータルリターンや資産リターンのマンデートが増え、中央銀行のマンデートも特定の分野を対象としている中で、ベンチマークの重要性が薄れています。そのため、ベンチマークのアウトパフォームを目指すという考え方も意義が薄れてきました。私がアクティブとパッシブが、ひとつながりのものであると言うのはそのためです。デイビッドが手数料の低下に触れましたが、それは債券でも重要です。おそらく金利の影響もあり、市場の影響もあります。私たちのリサーチ基盤は様々な運用ファンドで利用されていますが、ファンドの区別はより分かりにくくなっているように感じます。

リチャード・エドガー:実際、パッシブといっても、ニック、株式には大変な数のインデックスがあります。そこでも選択が必要です。「アクティブか、パッシブのどちらか」2つのうち1つというわけではありませんね。

ニック・キング:私もそう思います。起きているのは単なるアクティブ商品からパッシブ商品へのシフトとは言えないでしょう。実際にはエクスポージャーのアンバンドリングです。機関投資家の顧客は従来、資産の大半をパッシブ投資としていたのが、現在ではアロケーションをベータ、スタイル・リスク、ファクター・リスク、そしてより特異なアルファにも分けようとしています。したがって、従来アルファに分類されていたものが進化して、現在では様々なタイプのリスクに分けられるようになったのだと思います。

賛否:パッシブ投資の学術的論拠[ここにスキップ]

リチャード・エドガー:デイビッド、少し引いて考えてみたいのですが、パッシブ投資支持の論拠、言ってみれば学術的論拠とはどのようなものでしょうか。

デイビッド・バックル:よく言われるものが2つあります。まず、アクティブ・マネージャーは自分たち同士でトレーディングしているのだから、アクティブ運用コミュニティの平均パフォーマンスはゼロになるはずというものです。学識者がその真実を確かめるべく実証研究を行い、米国について一定の結果を得たところ、それに対して「しかし、それは平均的なマネージャーです。優れたマネージャーはどうなのですか」という反論がありました。学識者側も反論し、「長い目で見てマイナスのパフォーマンスのマネージャーが存在しない以上、それは継続不可能です。よって、結局、誰もがゼロになるはずです」。そして、より詳しい実証研究の結果、あまり持続性がないことが示されました。

リチャード・エドガー:多数の学識者がかかわっているようですね。

デイビッド・バックル:そうですね、しかし、言っておくべきこととして、これも将来研究されるとよいと思うのですが、投資家がアクティブ運用商品への投資のタイミングを計ることができると考えた場合、アクティブ・マネージャーの出番となります。

リチャード・エドガー:もう少し説明していただけませんか。

デイビッド・バックル:はい。アクティブ運用に持続性はないが、投資家が自分で特定のファンドが好調となる時期が分かっているとしましょう。それで「今からそのファンドに加わるが、後で抜けるつもりだ」と言うのです。

リチャード・エドガー:個々の投資家の側で「自分の資金を渡す先は、このファンド・マネージャーなのか、別のマネージャーなのか」アクティブな決定をするのですね。

デイビッド・バックル:そうです。

リチャード・エドガー:しかし、それには相当のスキルが必要ですね。それはマルチアセット・チームがやっていることです。個々の投資家がそれをすると予想されるのですか。

デイビッド・バックル:もうしていますよ。リチャード、「アクティブが果たす役割はあるか、あるいはアクティブの論拠は」という観点から重要なのは、投資家がそれをうまくできるかどうかではなく、自分たちはできると考えているかどうかです。そうすると当然、アクティブ・ファンドが求められます。

リチャード・エドガー:ソニア、お聞きになったように、デイビッドが先ほど、リサーチに対する批判に触れました。

ソニア・ロード:はい、パッシブ支持の理由の一つは確かにアクティブ・マネージャーのパフォーマンスがよくなかったことにあるでしょう。しかし、私はこの主張全体は米国市場に引っ張られて片寄っていると考えています。実情をもう少し詳しく見ると、ここ数年調子が悪かったのは特に米国のファンド・マネージャーと大型株です。しかし、これはアクティブの中で最も人気のある分野で、アクティブ運用の米国ファンドへの投資は投資家に好まれてきました。そのマネージャーが不調だったので「まったく、アクティブはだめだ」と言われるのですが、本当は「米国のアクティブ・マネージャーは」と言うべきところです。

リチャード・エドガー:市場自体が好調で、ベータは並外れて高く、ばらつきもあまりはありませんでした。

ソニア・ロード:はい。時価総額上位企業のリターンが低下しています。米国市場は、リターンのばらつき、ボラティリティの欠如、時価総額という観点からは過去になり状況となっています。アクティブ・マネージャーとして、かつては時価総額上位10企業を保有していなければ、アウトパフォームできるチャンスはありませんでした。

リチャード・エドガー:しかし、小型株や、新興市場株を手掛けていたとすれば。

ソニア・ロード:そうです、そこが重要なところです。時価総額、つまり大型株か小型株かと、市場の効率性です。市場が効率的であればあるほど、対象とする時価総額が大きくなればなるほど、アウトパフォームは困難です。そのため、その時期に実際、プラスのアルファを達成している新興市場や小型株のカテゴリーも多数あるのです。ただ、米国市場が最も人気があるので、ひとくくりに「アクティブはだめだ」という発言が出ているのです。

リチャード・エドガー:マーティ、クレジットの選択もより難しくなっているのでは。

マーティ・ドロプキン:興味深いことに、ソニアの話と同じ現象が債券でも起きています。債券市場全体で見れば、過去20年か30年間、国債を保有しているだけで、信じられないほどの高リターンを達成できたはずです。今、金利が上向き始め、例えばハイイールドなど、少し低いデュレーション資産クラスに市場の目が向き始めているため、クレジットの見分けや差別化が重要になっています。個別企業について掘り下げ、理解することが必要になっています。

リチャード・エドガー:ニック、いかがですか。

ニック・キング:アクティブとパッシブを組み合わせることでしょう。市場が非常に効率的で、アルファ創出は困難と思われるときにはパッシブ商品を利用し、アルファの機会が期待されるときにはアクティブ商品を利用するのです。実際、パッシブとアクティブ両商品の組み合わせは、デイビッドの部署などで行われていることであり、パッシブな金融商品がアクティブに利用されています。

市場の脅威:経済への影響[ここにスキップ]

リチャード・エドガー:パッシブの危険性とはどのようなものですか。

デイビッド・バックル:パッシブ投資の隠れた危険は、誰もがパッシブに動けば市場が機能しなくなるということです。誰もそのことは言いませんが。

リチャード・エドガー:人はそれでも株や債券を保有すると思うのですが。なぜ機能しないことになるのですか。

デイビッド・バックル:なぜ株式があると思われますか。セカンダリー市場が存在するのは、プライマリー市場に出入りしたい人がいるからです。いずれ資金を回収できると分かっていれば、喜んで企業に資金を提供することができます。セカンダリー市場はそれをするところです。誰かの所有権が他の誰かに移転します。ところが、誰もがパッシブになれば取引はなくなってしまいます。誰かが退職して持ち株を売りたいと考え、別の誰かが退職後のために貯蓄しようと、その株を買い取ることがあるくらいで、他の取引はありません。その結果、そうした環境ではセカンダリー市場が不要となり、プライマリー市場にも影響が及ぶでしょう。誰もがパッシブになれば、経済への効率的な資本配分も減速するリスクがあり、投資の長期的なリターンが低下するという形で、投資家もそのフィードバック・ループに巻き込まれるでしょう。

ソニア・ロード:資本市場の本来の目的に立ち返るべきではないでしょうか。私たちの存在理由は何か、資金を託され市場業務に従事する際に、私たちは仲介者として何の達成を期待されているのか。市場の効率、価格発見メカニズムのほか、長期的な影響、社会への影響、コーポレートガバナンスや投資先企業の改善において目指すもの、そしてESGへの配慮、企業へのエンゲージメントという考え方は、普通思われている以上に重要な役割を果たすようになっています。

リチャード・エドガー:ESGのことは後で話すとして、ここでは経済におけるアクティブ運用の役割を考えてみたいと思います。デイビッド、要は効率的な配分という観点からは自然選択のようなものでしょうか。業績のよくない企業を、債券であるか株式であるかを問わず、継続的な改善を試みる中で脱落させていこうとするのでは。

デイビッド・バックル:その反対です、リチャード。仮に、1980年代に遡りマイクロソフトが「ウィンドウズを発明した」と発表したが、アナリストがいなかったとすればどうでしょう。それではウィンドウズを現在の状態へと開発する資本をどうやって得られるでしょうか。誰もがパッシブであれば、インデックスに入っていない企業には資金は流れません。つまり、このことの方が、いらない企業を外すことより重要なのです。

リチャード・エドガー:確かに完全にスタティックですね。危険はクレジットの側にもあるのではないでしょうか。時価総額加重方式であることを考えれば、すでに存在する大企業への配分が大きくなりますが、クレジットでは、すでに多額の債務を抱えるインデックス構成企業に資金が流れていきます。

マーティ・ドロプキン:そのとおりです。それに、クレジットは非対称的な資産クラスと考えられています。債券を額面の100で買った場合、良くてもクーポンと最後の償還しか期待できません。パッシブの世界ではそれで構わないのです。しかし、現実にはデフォルトする企業もあれば、リチャードが今言われたように、過剰な債務を抱える企業もあります。企業に何か変化があり、例えば買収を行った結果、心もとない状況に陥る場合もあります。ところが、パッシブではそういうことにはあまり注意を払いません。ただひたすらインデックスに組み入れられている企業の債券を買います。本当は、どの企業がデフォルトするかリサーチがあってもよいのです。実際にデフォルトする企業があるのですから。

リチャード・エドガー:パッシブが債券市場で占める割合が約1割にすぎないとしても、株式よりずっと大きいのでは。

ニック・キング:そうですね、むしろ3分の1ほどではないでしょうか。

リチャード・エドガー:3分の1ですか。行き過ぎではないでしょうか、デイビッド。

デイビッド・バックル:いえ、そうは思いません。数字にするのは難しいですが、行き過ぎというのは市場が正しく機能しなくなったときであり、今がその状態でないことは明らかです。株式はその傾向にあったようですが、債券については、それほど確信はありません。債券のインデックスについて、まだ話に出ていないことが一つあります。それは、債券のインデックスは「コンスタント・マチュリティ」と呼ばれるものであり、満期までの期間が常に10年になるように、組み入れ債券が継続的に更新されていくということです。投資家によっては、「自分のキャッシュフローの要件は分かっているので、債券を満期まで保有する必要がある。継続的に満期を延長するつもりはなく、今後10年間必要である、それだけのことです」と考えての需要もあります。したがって、債券のインデックスの概念は実際には株式のインデックスの概念とは全く違います。

投資家の認識-本当に気にかけているのは誰か?[ここにスキップ]

リチャード・エドガー:現状の背景について話してきました。では、顧客がこれらのアプローチのどちらか、あるいはマーティが話されたように、ひとつながりのものなので、どちらかと区別できるものではないかもしれませんが、その組み入れについて決定するとき何を考えるのでしょうか。この2つの考え方の間には様々なレベルがあります。ソニア、顧客との対話の経験からいかがでしょうか。

ソニア・ロード:ここしばらくの議論はやや片寄った形で展開されています。ベータ環境が非常に好調だったためでしょう。そのため、パッシブは必要なものすべてを満たすものと思われ、コスト面が強くフォーカスされることになったのです。顧客の通常の要件はリスクとリターン、そして今ではコストも加わった三角関係です。リターンについては市場環境が大きな支援要因となってきました。リスクについてもボラティリティが低下し、うまく対処されてきました。そこで「今度はコストを引き下げよう」と、コストが注目されたのです。程なく状況が変化し、ベータのリターンが大幅に低下するという私たちの予測が当たっているとすれば、投資家はもう一度原点に立ち戻り、思い描くリスク、リターン、コストをいかにすれば達成できるか、見つめ直さねばならないでしょう。これまでの経験からすると、ネットのリターンを考え、必要な超過リターンを本当に実現できるアクティブ商品があれば、顧客は喜んで他の2要素との三角関係について、すべて達成可能となるよう折り合いをつけられるようです。ですから、コストだけにこだわるのではなく、「他の2つについても現実的になろう」という思考があってよいと思います。

リチャード・エドガー:デイビッド、これには日常かかわっていらっしゃると思います。ソリューションの設計ではどのような様子ですか。

デイビッド・バックル:はい、大事なこととして、私が対話する投資家の多くは、パッシブかアクティブかという概念にはこだわっていません。単に達成したい目標があり、それを達成するためにはコストの制約があります。ですから、アクティブとパッシブの組み合わせで構わないわけです。ただそれ以外の要素として、ニックの方がうまく説明できるかもしれませんが、往々にして特定のファンド・ストラクチャーやタイプの希望があります。これまではETFはパッシブと結び付けられてきました(ETFの投資家はパッシブでした)。しかし、他の理由で、つまりパッシブだからというわけでなく、ETFを利用したい投資家も多く存在します。結果的にパッシブ投資となっていても、本当の理由は別のところにあります。

リチャード・エドガー:流動性ですか。

デイビッド・バックル:そうです。取引所に上場しているということです。

リチャード・エドガー:ニックはどのようにお考えですか。

ニック・キング:そうですね。多くの顧客がETFラッパーの利便性を好んでいます。私たちがパッシブとスマートベータの商品を、ミューチュアル・ファンドとETFラッパーの組み合わせとして提供することにしたのはそのためです。しかし、デイビッドが話されたように、これまで大半の上場投資商品がインデックス連動商品である理由は単に、資本市場のパートナーがこれらの商品に関して取引所の流動性を提供できるように、透明性要件を満たす必要性があるからです。しかし、アクティブ商品の市場も発達しており、私たちは今後そうした分野を注視していきます。

リチャード・エドガー:マーティ、いかがですか。

マーティ・ドロプキン:特に従来、比較的流動性が低い債券市場の中で、流動性の角度から興味深いフォローアップがあります。ETFとETFに組み込まれている債券について考えてみると、今では業界全体がどの債券がETFに組み込まれ、どの債券がそうでないかを追跡しようとしており、市場もそれを知ろうとしています。ここにも、アクティブとパッシブがつながりが見られます。アクティブなのか、パッシブなのか。ETFに含まれていれば、パッシブなのか。今ある仕組みを利用して、どの債券を買うべきか知ろうとする試みはもう行われています。

リチャード・エドガー:その答えは何ですか。

マーティ・ドロプキン:答えは状況次第です。

リチャード・エドガー:なるほど。

ESG:パッシブは倫理的であり得るか?[ここへスキップ]

ソニア、先ほどESG(環境、社会、ガバナンス)の問題、スチュワードシップのことを話されましたね。まず、パッシブのことを話す前に、この点は最近、以前よりはるかに重要な投資の一側面になっています。アクティブを通じてのみ企業の変化を促すエンゲージメントは可能とお考えでしょうか。

ソニア・ロード:全般的に、現在では、私たちアセット・マネジメント業界に対して、選択の過程で社会的要素への配慮がより強く求められるようになり、純粋なコーポレートガバナンス、改善、エンゲージメントが重視され、そうした要素が具体的に検討されるようになっています。パッシブは最高水準のものをラップして組み入れる上で大変よくできています。しかし、今は最高のESG評価を得ていない企業の改善を促し、積極的に関与したい場合には、アクティブ・マネージャーの方がはるかに向いています。私たちは企業と対話しながら「評価を「E」から「A」に高めるにはどうすればよいか」という課題に取り組むことができます。それは、投資とリターンの角度から見ても非常に興味深いものとなり得る行程です。そして、現時点でそれを提供できるのはアクティブのみであると考えています。

リチャード・エドガー:ニック、同じご意見でしょうか。ご担当の分野では、資金をインデックスに入れれば、エンゲージメント終了でしょうか。

ニック・キング:ESG商品市場の発達につれて、アクティブとパッシブのいずれの商品にも適した場ができると思います。パッシブでは、多くのESGデータ・プロバイダ―が存在し、それをシステマティックな戦略で利用して、低コストかつ極めて透明な方法でESG評価の良好な銘柄へのエクスポージャーを得ることができます。ただし、パッシブ商品では常にそれらの銘柄を保有する必要があります。したがって、ESG面の優れた銘柄の選択は可能ですが、ガバナンス・モデルの中の特定要素が好ましくないとしても銘柄の除外は不可能です。

リチャード・エドガー:それはややバックワードルッキングなアプローチですね。すでに優れたESG評価を得ているかどうかを見るのですから。変化を促すことに関してはどうですか。それはどのような形で行われるのでしょうか。

デイビッド・バックル:結局、パッシブ運用を支持する主張がなされれば、アクティブ・コミュニティが対抗しようとし、アクティブを支持する主張に対しては、パッシブが対抗します。アクティブな方法をよしとする非常に強力な論拠が示されれば、パッシブは自分たちもよりアクティブになっていると、言い合いになります。しかし現実は、ニックが言われたように、パッシブ・マネージャーは、インデックスの重要な部分である特定の銘柄を売却することはできず、ESGスコア改善の努力を反映することはできません。

リチャード・エドガー:ソニア、ここまでの話をどうお考えですか。

ソニア・ロード:今後はエンゲージメント・レベルにより違いが出てくると思います。パッシブでも、年次株主総会での議決権行使など、エンゲージメントを強化するといった話があります。しかし、私にとってエンゲージメントとは、経営陣と向かい合ってESGレポートの弱点や懸念、それらに対処するために経営陣が何を行っているかを話し合うことです。

ニック・キング:私たちの今のアクティブとパッシブの区別の仕方も、それと同じようなものです。低コストでシステマティックに株式へのエクスポージャーを取り、さらにその方法でESG銘柄を保有することができます。また、私たちはアクティブ商品のためにファンダメンタルなリサーチに多くの時間を費やしていますが、ESGに関するリサーチを追加するという強化が可能です。したがって、幅広い商品すべてに適した場があると思います。

リチャード・エドガー:投資家の視点や社会のニーズに照らして、2種類のアプローチについて、それぞれ何ができるかを考え、バランスを取ることが大切なのでしょう。

アクティブとパッシブ:将来の共生[ここにスキップ]

時間も残り少なくなってきましたので、皆様お一人ずつに、アクティブとパッシブに関して視聴者の皆様に伝えたいことと、「パッシブはピークに達したか」というテーマに対するご意見をお話し願いたいと思います。ではニック、お願いします。

ニック・キング:その質問の表現は非常に的確だと思います。パッシブとアクティブであり、パッシブかアクティブかではありません。そして、実際、ポートフォリオには両方のための場があると思います。非常に効率的かつ低コストに特定の資産クラスや市場セグメントへのエクスポージャーを得ることが適した場所がある一方で、値上がりを見込みたい場所もあり、その部分にはアクティブなファクター商品をあてればよいのです。

リチャード・エドガー:マーティ、お願いします。

マーティ・ドロプキン:今、金利低下局面を脱し、金利は上昇に転じようとしています。それに伴い、私は信用スプレッドのばらつきが拡大し始めると考えています。つまり、株式にしろ、債券にしろ、ベータのリターンが得られた時代は徐々に終わりに近づいていると思われます。それが終わり、銘柄間の差別化が進むと、アクティブが効果を発揮することになるでしょう。

リチャード・エドガー:ソニア、お願いします。

ソニア・ロード:投資家は市場環境の変化や、長期的に進行する変化に備えるべきだと思います。現実的に、10年にわたる前例のない金融政策支援の正常化には長い時間を要するでしょう。投資家は現在のアロケーションを再評価するとよいでしょう。今後リターンがより控えめな水準になるか、という観点からではなく、パッシブが多過ぎないかという観点から見直すということです。また、アクティブの好機があると思われる分野だけではなく、一般的に、現在投資の好機と思われる分野はどこかという視点を持つことです。

リチャード・エドガー:見直すべき時期ということですね。最後にデイビッド、将来のポートフォリオはどのようなものになるでしょうか。

デイビッド・バックル:アクティブとパッシブを組み合わせることになるでしょう。どちらか一方というものではないと思います。しかし、一つ言いたいことは、どのような投資家にも共通するのですが、市場に配慮する義務があるということです。囚人のジレンマがあり、それはパッシブの方が低コストなので、自分はパッシブで行きたいが、市場機能の維持のためには、他の皆はアクティブでいて欲しいと考えることです。したがって、一定のパッシブを選択する限りは、パッシブを増やせば増やすほど、自らの投資に必要な市場の混乱を招くリスクをより多くもたらしていることを認識しなければなりません。

リチャード・エドガー:おそらく両者の共生が可能なのでは。

デイビッド・バックル:そのとおりです。

リチャード・エドガー:残念ながら時間になりました。フィデリティのETF責任者であるニック・キング、株式責任者であるソニア・ロード、債券リサーチ責任者であるマーティ・ドロプキン、投資ソリューションズ・デザイン責任者であるデイビッド・バックルにご参加いただきました。ありがとうございました。視聴者の皆様にもお楽しみいただけたことを願っています。

このウェブサイトは機関投資家(自己勘定取引を行う個人投資家以外の法人その他の投資家)への情報提供のみを目的として作成されたものです。

当ウェブサイトに掲載される情報は、かかる投資関連情報の流布が違反となる法域の人物に提供するものではなく、そういった人物によって拡散されたり利用されたりすることを意図したものではありません。当サイトに掲載される情報は、ウェブサイトにアクセスしている所在国の規制当局によって「個人投資家」と定義され得る人物に向けたものではありません。当サイトにある情報または意見は、何らかの投資商品の勧誘や募集と解釈すべきではなく、かかる投資商品またはサービスの募集、勧誘、売買が違法となる法域にいる人物に対して募集ないし販売されるものでもありません。フィデリティは、当ウェブサイト上に自社の見解や意見を掲載していますが、これらは変更される可能性があり、そういった変更があった場合に当ウェブサイトを更新しなければならないという責務はないものとします。当ウェブサイトの内容はいずれも投資、税務、法務、その他の助言と解釈すべきではありません。当ウェブサイトにある情報は通告なく変更される可能性があります。

FILファンド・マネジメント・リミテッド、FILリミテッド、またはそれらのグループ会社か関連会社のいずれも、当ウェブサイトから入手した情報によって直接または間接的に発生した損失の責を負うものではありません。

当ウェブサイトはバミューダ籍の法人でバミューダ金融庁から投資事業免許を取得しているFILファンド・マネジメント・リミテッドが作成しています。

記事に関するお問い合わせはフィデリティ投信株式会社の担当までご連絡ください。

FAM18071102