Welcome to Fidelity

Select a location so we can provide you with the appropriate information

Bienvenue chez Fidelity

Veuillez sélectionner un pays afin que nous vous communiquions l'information appropriée

Willkommen bei Fidelity

Wählen Sie Ihren Standort aus, damit wir Ihnen die für Sie passenden Informationen anzeigen können.

Benvenuti in Fidelity

Seleziona un paese in modo da consentirci di fornirti le informazioni appropriate

フィデリティのウェブサイトへようこそ

適切な情報を表示するため、現在お住まいの地域を選択してください。

Important information

I confirm that I am accessing this website for the purpose of acquiring information as, or for, an Institutional Investor (a corporate or other non-retail investor acting for their own account).

By accessing the restricted area I confirm my agreement with‚ and understanding of‚ the following terms of use and the legal provisions. If I do not agree to the terms and legal conditions‚ I must not access this website or any pages thereof. I acknowledge that access to the information contained on this website is available to "Qualified Investors" only as defined below. A private individual or legal representative or any other party without this qualification should not enter this website.

By accessing this website or any of its pages‚ I confirm that I am a qualified investor in accordance with Art 10.3 CISA.

The following are considered to be qualified investors:

  • supervised financial intermediaries such as banks, securities dealers‚ management companies and asset managers of collective investment schemes‚ as well as central banks;
  • supervised insurance companies;
  • public-law bodies and occupational pension institutions with professional treasury;
  • companies with professional treasury.

I understand the information contained in this website is not directed at, nor is it intended for distribution to, or use by, persons in any jurisdiction in which the dissemination of such investment related information is not permitted. I also understand that the information contained in this site is not directed to any party that may be defined as a ‘retail investor’ by the home regulator of the country in which the website is being accessed. I understand that the information or opinions contained herein should not be construed as an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any investment product nor shall any such investment products or services be offered or sold to any person in any jurisdiction in which such offer, solicitation, purchase or sale would be unlawful. Fidelity has expressed its own views and opinions on this website, and these may change and there is no obligation to update them. Nothing in this website should be construed as investment, tax, legal or other advice. The information contained herein is subject to change without notice.

I understand the information contained in this website is not directed at, nor is it intended for distribution to, or use by, persons in any jurisdiction in which the dissemination of such investment related information is not permitted. I also understand that the information contained in this site is not directed to any party that may be defined as a ‘retail investor’ by the home regulator of the country in which the website is being accessed. I understand that the information or opinions contained herein should not be construed as an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any investment product nor shall any such investment products or services be offered or sold to any person in any jurisdiction in which such offer, solicitation, purchase or sale would be unlawful. Fidelity has expressed its own views and opinions on this website, and these may change and there is no obligation to update them. Nothing in this website should be construed as investment, tax, legal or other advice. The information contained herein is subject to change without notice.

This website has been issued by FIL Fund Management Limited, a Bermuda company licensed to conduct investment business by the Bermuda Monetary Authority. Neither FIL Fund Management Limited, its parent company FIL Limited, nor any of their group companies or affiliates makes or gives any warranty or representation that any information contained on this website is accurate, complete, or fit for any particular purpose.

I acknowledge that neither FIL Fund Management Limited, FIL Limited, nor any of their group companies or affiliates will have any liability for any losses arising directly or indirectly from any information accessed from this website. By accepting this representation I also confirm my agreement to the website Terms and Conditions, which I have read and understood.

Fidelity International, the Fidelity International logo and F symbol are trademarks of FIL Limited, a company existing under the laws of Bermuda.

If the above representation is correct, please click 'I agree' below to continue to the site.

Information importante

Je confirme accéder à ce site Internet afin d’obtenir des informations en qualité d’investisseur institutionnel.

Je comprends que les informations contenues sur ce site Internet sont destinées exclusivement aux investisseurs résidant en France et ne doivent pas être diffusées à quiconque pouvant être considéré comme un investisseur particulier. Je comprends que les informations ou opinions présentées sur ce site ne constituent pas des recommandations d’achat ou de vente. Fidelity a exprimé ses propres vues et opinions sur ce site Internet, et celles-ci peuvent évoluer sans que Fidelity n’assume aucune obligation de les actualiser. Aucun élément de ce site Internet ne doit être interprété comme un avis d’investissement, fiscal ou juridique ou autre. Les informations que comporte ce site peuvent changer sans notification.

Ce site Internet est présenté par FIL Gestion, SGP agréée par l'AMF sous le n°GP03-004, 29 rue de Berri, 75008 Paris. Ni FIL Gestion, ni sa société mère FIL Limited, ni aucune des sociétés ou affiliées du groupe ne garantit ni ne fait aucune déclaration sur l’exactitude, l’exhaustivité ou l’adaptation à une finalité donnée des informations présentées sur ce site Internet.

Je reconnais que ni FIL Gestion, ni FIL Limited, ni aucune des sociétés ou affiliées du groupe n’assume une quelconque responsabilité au titre de toute perte découlant directement ou indirectement de toute information obtenue à partir de ce site Internet.

Ce site présentant des informations en langues française et anglaise, j’accepte de recevoir des informations non exclusivement rédigées en français.

Je confirme également, par l’acceptation de cette déclaration, mon accord sur les conditions et modalités du site Internet que j’ai lues et comprises.

Fidelity, Fidelity International, le logo Fidelity International ainsi que le symbole F sont des marques déposées de FIL Limited.

Si vous accepter les termes de la déclaration ci-dessus, veuillez cliquer sur « j’accepte » ci-dessous pour poursuivre votre navigation sur ce site.

Wichtige Informationen

Hiermit bestätige ich, dass ich diese Website zur Informationsbeschaffung als institutioneller Anleger (ein auf eigene Rechnung handelndes Unternehmen oder ein anderer nicht als Privatanleger geltender Investor) bzw. für einen institutionellen Anleger besuche.

Mit dem Zugriff auf den zugangsbeschränkten Bereich bestätige ich, dass ich die folgenden Nutzungsbedingungen und rechtlichen Klauseln verstanden habe und mit ihnen einverstanden bin. Andernfalls darf ich auf diese Website oder Teile davon nicht zugreifen. Mir ist bewusst, dass der Zugang zu den Informationen auf dieser Website nur für „qualifizierte Anleger“ gemäss untenstehender Definition vorgesehen ist. Eine Privatperson, ein rechtlicher Vertreter oder irgendeine andere Partei ohne diese Qualifikation sollte nicht auf diese Webseite zugreifen.

Mit dem Zugriff auf diese Website oder Teile davon bestätige ich, dass ich ein qualifizierter Investor gemäß Art 10 Absatz 3 des schweizerischen Bundesgesetzes über die kollektiven Kapitalanlagen bin.

Als qualifizierte Anlegerinnen und Anleger im Sinne dieses Gesetzes gelten:

  • beaufsichtigte Finanzintermediäre wie Banken, Effektenhändler, Fondsleitungen und Vermögensverwalter kollektiver Kapitalanlagen sowie Zentralbanken;
  • beaufsichtigte Versicherungseinrichtungen;
  • öffentlich-rechtliche Körperschaften und Vorsorgeeinrichtungen mit professioneller Tresorerie;
  • Unternehmen mit professioneller Tresorerie.

Mir ist bewusst, dass sich die Informationen auf dieser Website nicht an Personen richten bzw. für sie bestimmt sind, in deren Land die Verbreitung solcher anlagebezogenen Informationen nicht erlaubt ist. Mir ist bewusst, dass die hier zu findenden Informationen oder Meinungen nicht als Aufforderung zum Kauf oder Verkauf eines Anlageprodukts zu verstehen sind. Es sollen auch keine solchen Anlageprodukte oder Dienstleistungen Personen angeboten oder verkauft werden, in deren Land ein entsprechendes Angebot, eine Aufforderung, ein Erwerb oder Verkauf ungesetzlich wäre. Fidelity äußert auf dieser Website seine eigenen Ansichten und Meinungen, die sich jederzeit ändern können, ohne dass eine Verpflichtung zur Aktualisierung besteht. Kein Inhalt dieser Website ist als Beratung in Bezug auf Geldanlagen, Steuern, rechtliche oder sonstige Aspekte zu verstehen. Die hierin enthaltenen Informationen können sich ohne entsprechende Mitteilung jederzeit ändern.

Mir ist bewusst, dass sich die Informationen auf dieser Website nicht an Personen richten bzw. für sie bestimmt sind, in deren Land die Verbreitung solcher anlagebezogenen Informationen nicht erlaubt ist. Mir ist ebenfalls bewusst, dass sich die Informationen auf dieser Website nicht an Adressaten richtet, die von der Aufsichtsbehörde in dem Land, von dem aus die Website besucht wird, möglicherweise als „Privatanleger“ klassifiziert werden. Des Weiteren ist mir bewusst, dass die hier zu findenden Informationen oder Meinungen nicht als Aufforderung zum Kauf oder Verkauf eines Anlageprodukts zu verstehen sind. Es sollen auch keine solchen Anlageprodukte oder Dienstleistungen Personen angeboten oder verkauft werden, in deren Land ein entsprechendes Angebot, eine Aufforderung, ein Erwerb oder Verkauf ungesetzlich wäre. Fidelity äußert auf dieser Website seine eigenen Ansichten und Meinungen, die sich jederzeit ändern können, ohne dass eine Verpflichtung zur Aktualisierung besteht. Kein Inhalt dieser Website ist als Beratung in Bezug auf Geldanlagen, Steuern, rechtliche oder sonstige Aspekte zu verstehen. Die hierin enthaltenen Informationen können sich ohne entsprechende Mitteilung jederzeit ändern.

Diese Website wurde von FIL Fund Management Limited eingerichtet, einem Unternehmen mit Sitz auf bzw. nach dem Recht der Bermuda-Inseln, das über eine Genehmigung der Bermuda Monetary Authority zur Ausübung von Investmenttätigkeiten verfügt. Weder FIL Fund Management Limited noch sein Mutterunternehmen FIL Limited oder irgendein anderes Konzernunternehmen oder verbundenes Unternehmen übernimmt die Gewähr dafür oder erklärt, dass die Informationen auf dieser Website zutreffend, vollständig oder für jedwede Zwecke geeignet sind.

Ich erkenne an, dass weder FIL Fund Management Limited noch FIL Limited oder ein anderes Konzernunternehmen bzw. verbundenes Unternehmen für etwaige Verluste haftet, die direkt oder indirekt aus einer auf dieser Website beschafften Information resultieren. Durch Annahme dieser Erklärung bestätige ich auch mein Einverständnis mit den Nutzungs- und Geschäftsbedingungen dieser Website, die ich gelesen und verstanden habe.

Fidelity International, das Fidelity International Logo und das F-Symbol sind Markenzeichen von FIL Limited, einem nach dem Recht der Bermuda-Inseln eingetragenen Unternehmen.

Diese Website präsentiert Informationen in englischer und deutscher Sprache. Als professioneller Anleger akzeptiere ich hiermit, Informationen in mehr als einer Sprache zu erhalten.

Wenn die obige Erklärung zutrifft, klicken Sie bitte auf „Ich stimme zu“, um auf die Website zu gelangen.

Informazioni importanti

Confermo di voler accedere a questo sito web per acquisire informazioni in veste o per conto di un Investitore istituzionale (una società o altro investitore non retail che agisce per proprio conto).

Riconosco che le informazioni contenute in questo sito web non sono dirette né sono destinate alla distribuzione o alluso da parte di soggetti in qualsiasi giurisdizione in cui la diffusione di tali informazioni relative allinvestimento non è consentita. Riconosco inoltre che le informazioni contenute in questo sito web non sono dirette a soggetti che potrebbero essere definiti "investitori retail" dall'autorità di vigilanza nazionale del paese dal quale si accede al sito stesso. Riconosco che le informazioni o le opinioni contenute in questo sito web non devono essere interpretate come un'offerta di vendita o come la sollecitazione di un'offerta di acquisto di un prodotto o un servizio di investimento, né tali prodotti o servizi di investimento possono essere offerti o venduti a soggetti di giurisdizioni nelle quali tale offerta, sollecitazione, acquisto o vendita sarebbero illegali. Questo sito web contiene giudizi e opinioni espressi da Fidelity, che sono soggetti a modifica e rispetto ai quali non sussiste alcun obbligo di aggiornamento. Nulla di quanto contenuto in questo sito web va considerato come una consulenza di investimento, fiscale, legale o di altra natura. Le informazioni qui riportate sono soggette a modifica senza preavviso.

Questo sito web è pubblicato da FIL Fund Management Limited (una società delle Bermuda autorizzata a svolgere attività d'investimento dalla Bermuda Monetary Authority). Né FIL Fund Management Limited, né la sua società madre FIL Limited, né alcuna delle loro società del gruppo o affiliate fornisce o rilascia alcuna garanzia o dichiarazione che le informazioni contenute in questo sito web siano accurate, complete o adatte a uno scopo particolare.

Riconosco che né FIL Fund Management Limited, né FIL Limited né alcuna delle loro società del gruppo o affiliate si assumono alcuna responsabilità per eventuali perdite derivanti direttamente o indirettamente da informazioni ottenute da questo sito web. Accettando questa dichiarazione confermo anche di aver letto, compreso e accettato i Termini e le condizioni d'uso del sito web.

Fidelity International, il logo Fidelity International e il simbolo F sono marchi di proprietà di FIL Limited, una società costituita nelle Bermuda.

Se la dichiarazione di cui sopra è corretta, cliccare "Accetto" qui sotto per continuare a visitare il sito.

重要な情報

私は、機関投資家(自己勘定取引を行う個人投資家以外の法人その他の投資家)として、あるいはかかる機関投資家のために、当ウェブサイトにアクセスし、情報を取得するものです。

私は、当ウェブサイトに掲載される情報は、かかる投資関連情報の流布が違反となる法域の人物に提供するものではなく、そういった人物によって拡散されたり利用されたりすることを意図したものでもないことを理解しています。また、当サイトに掲載される情報が、ウェブサイトにアクセスする場所の国の規制当局によって「個人投資家」と定義され得る人物に向けたものではなく、当サイトにある情報または意見は、何らかの投資商品の勧誘や募集と解釈すべきではなく、かかる投資商品またはサービスの募集、勧誘、売買が違法となる法域にいる人物に対して募集ないし販売されるものでもないことも理解しています。フィデリティは、当ウェブサイト上に自社の見解や意見を掲載していますが、これらは変わる可能性があり、そういった変更があった場合に当ウェブサイトを更新しなければならないという義務は負っていません。当ウェブサイトの内容はいずれも投資、税務、法務、その他の助言と解釈すべきではなく、ウェブサイト上の情報は通知なく変更される可能性があります。

当ウェブサイトはバミューダ籍の法人でバミューダ金融庁から投資事業免許を取得しているFILファンド・マネジメント・リミテッドが作成しています。FILファンド・マネジメント・リミテッド、その親会社であるFILリミテッド、またはそれらのグループ会社か関連会社のいずれも、当ウェブサイトに掲載される情報が正確であるとか、完全であるとか、特定の目的に適合したものである等の保証や表明は行っておらず、そういった保証や表明を提供することもありません。

FILファンド・マネジメント・リミテッド、FILリミテッド、またはそれらのグループ会社か関連会社のいずれもが、当ウェブサイトから入手した情報によって直接または間接的に発生した損失の責を負うものではないことに了承します。

フィデリティ・インターナショナル、フィデリティ・インターナショナルのロゴおよびFのシンボルはバミューダ法の下で設立された法人であるFILリミテッドの商標です。

以上をご確認いただける場合には、以下の「同意します」ボタンをクリックしてください。

アジアへのアロケーションを再考すべき理由

刻々と変化するアジアの投資環境と、どのようにアジアをポートフォリオに組み込むべきかについて、専門家の見解をご紹介します。
by Richard Edgar, Gary Monaghan, Luc Froehlich and Sebastian Morton-Clark

2018年7月13日, 14:07 GMT

アジアでの投資機会を見過ごしても良いのでしょうか? アジアでのエクスポージャーを探す最善の方法は何でしょうか? 今回のポッドキャストでは、チーフ・エディターのリチャード・エドガーが、フィデリティの在香港株式部門投資ディレクターであるゲイリー・モナハンと、アジア債券インベストメント・ディレクティング部門責任者のルーク・フローリッチをゲストに迎え、どのような人が、アジアのどこに投資しているかについて討論します。予想外の展開になるかもしれません。また、最近、MSCIの代表的なインデックスであるエマージングマーケッツ・インデックスに中国本土で上場している銘柄が新たに加えられましたが、これがなぜ投資家にとってのゲーム・チェンジャー(試合の流れを変えてしまうもの)であるかについても取り上げてみたいと思います。

書き起こし

リチャード・エドガー:なぜアジアへのアロケーションを再考すべきなのでしょう? その質問に、フィデリティがお答えします。今回のポッドキャストでは、直近のアジアでの投資の世界を探り、世間では深い見識と考えられているものをいくつか検証し、アジアのどこに、どのような人が、資金を投入しているかについて考えてみたいと思います。予想外の結論になるかもしれません。今回は香港のスタジオから、アジアのエキスパートである債券部門のルーク・フローリッチと株式部門のゲイリー・モナハンの2人の投資ディレクターをゲストに迎えてお送りします。お二人ともご出演ありがとうございます。

さて、今回、この放送は、1兆5,000億米ドル超の資産を対象にしたベンチマークでありMSCIを代表するインデックスであるエマージングマーケッツ・インデックスに中国本土での上場株が組み込まれるとの発表があった直後に収録しているわけですが、ゲイリーさんは、これがアジア、そして中国にとってのゲーム・チェンジャーになると思われますか?

ゲイリー・モナハン:なると思います。中国本土の上場株式は、もはや無視できない存在になるでしょう。過去10年か、もしくはそれよりさらに過去まで遡って投資先を考えてみれば、中国本土の株式はインデックスに入っていないため無視できていたと言えると思います。突然インデックスに組み込まれることになり、今後は無視できなくなります。そういった意味では、これがゲーム・チェンジャーとなるわけであり、資産運用会社、例えば、フィデリティのような企業と言ってもいいですが、そういった企業にとっては、これまで中国A株を調査した経験がないのであれば着手しなければならず、それは簡単な作業ではありません。通常、企業の情報開示は、中国語で行われ、報告書等も中国語で作成されます。そのため、中国語が分かるアナリストを雇う必要があり、それはそう簡単なことでもないのです。

リチャード・エドガー:間違いなくゲイリーさんは中国語を勉強していると思いますが、中国で投資する上で最大のハードルの一つは、企業による情報開示が当然ながら中国語で行われる点であり、これを否定する人はいません。つまり、どうしても中国語をマスターする必要がありますが、これにはどのように対処しますか?

ゲイリー・モナハン:単純なことですが、現地で人を採用するしかありません。我々は中国語が話せて、企業訪問できるアナリストを香港、シンガポール、上海で採用しています。

リチャード・エドガー:ルークさん、債券の世界では、株式担当者ばかりがMSCI A株インデックスの熱狂を独占しているようでうんざりしているのではないでしょうか。インデックス採用の結果として、全ての資産クラスでアジアへの投資が注目されるといったハロー効果はみられますか?

ルーク・フローリッチ:いいえ、本音を言うと、そうでもありません。また、あまり目立った変革のようなものもありません。ただし、実際に数週間前にブルームバーグ・バークレイズ・インデックスが中国本土の上場株式をインデックスに組み入れると発表しましたので、債券市場にも多少の変革の波は来ています。モナハン氏が述べたとおり、これが中国本土市場への注目を高めることは間違いありません。インデックス採用によってベンチマークに追随する多くの投資家が集まり、特に機関投資家から多額の資金が流入し、中国国内の債券市場にも注意が向けられるようになるでしょう。これはブルームバーグ・バークレイズ・インデックスで5%の比重しかない株の話です。中国本土の銘柄は5%しかなく、さほど大きい話ではありません。中国本土の債券市場の規模と比べれば、中国本土の市場は約12兆米ドルあり、ほんのわずかなシェアではありますが、最初の一歩であるとも言えます。

ゲイリー・モナハン:それに付け加えたかったのですが、12カ月前から、MSCIにA株が採用されることを話題にしていたという点で株式市場のマーケティングは巧みだったと思います。そして顧客訪問では、必ず株式の世界について質問されます。無視されているわけではないものの、これが債券市場でも起きていることはあまり知られていないようです。これは極めて重要なポイントでしょう。中国本土へ流れているのは株式投資家の資金だけではなく、債券への資金もあり、おそらく全体的には債券市場の方により多くの資金が流れることになると思います。

リチャード・エドガー:顧客はどのように変化しているのでしょうか。誰が中国へ投資しているのか、そしてそれは変化しているのでしょうか。

ルーク・フローリッチ:債券サイドでは、市場のメインのプレーヤーは依然として機関投資家です。中国本土の債券市場全体をみても、外国人による保有は全体で約2%以下しかなく、この内訳をみると、ほとんどが中央銀行やソブリン・ウェルス・ファンドといった機関投資家です。個人投資家も参入してくるでしょうが、タイミングはもっと後だと思います。

リチャード・エドガー:メッセージがまだ十分に伝わっていないか、あるいは自信がないのかもしれません。

ルーク・フローリッチ:単純に市場の発展段階が異なるだけではないでしょうか。まずは機関投資家の資金が流入していくことになると思います。機関投資家は市場を分析するリソースも多く持っており、それに個人投資家が追随することになります。

ゲイリー・モナハン:確かに株式市場でも全く同じであり、投資家にA株市場を開放したきっかけは「株式相互取引(滬港通)」だったのです。株式相互取引こそ金融機関が利用できるシステムであり、当社のような資産運用会社等に投資しない限り、個人投資家がアクセスすることは困難です。

リチャード・エドガー:このような機関投資家がお二人によく聞いてくる質問を考えてみてください。ここ何年かで彼らは変わりましたか?

ゲイリー・モナハン:A株については、認知度が上がっていると思います。以前は、ベンチマークに採用されていなかったために簡単に無視することができました。また、「A株の企業はよく存じ上げません。コーポレート・ガバナンスの問題が・・・」と言ってA株市場全体を無視しても問題はなかったのです。しかし、マーケットそのものを忘れてはなりません。上海市場と深セン市場を考えてみてください。時価総額は併せて約7.5兆米ドルあります。東京市場の時価総額は6.8兆米ドルです。つまり、実際、中国本土株式市場は日本よりも大きい市場であり、無視すべきではないのですが、これまではインデックスに入っていないという理由により無視されてきたのです。

ルーク・フローリッチ:債券サイドでも似たような現象がみられます。私は7年前からアジアに住んでいますが、現在は、ちょうど第3段階に入るところだと思います。第1段階では、欧州に行って何人かの機関投資家と面談しましたが、彼らの質問は、「なぜ?」でした。「なぜアジアに投資するのか、それも中国に」と。その質問から数年後には、実際、「アジアか中国に投資するために建設的な話を聞かせてほしい」となったのです。担当者は中国かアジアへ投資するために自社の投資役員会のメンバーを説得したかったのであり、そして現在は、第3段階に入りつつあります。第3段階は、「どうやって?どのように投資すれば?」という質問です。

リチャード・エドガー:ゲイリーさん、MSCIについてもう少し説明して頂けますか? MSCIは、いわば大企業、それも一部には海外に知られていない企業をグローバルステージへと押し上げるものです。それが企業のビジネスにどのような影響をもたらすのでしょうか?

ゲイリー・モナハン:まず、例えば、株主名簿に海外機関投資家が増えると、それによって質問される機会も増えるでしょう。多少アクティビストのような種類の投資家が増えると思われますし、現在重要なテーマになっているESGへの関心が高まるようになるかもしれません。

リチャード・エドガー:おそらくこれまで経営陣が考えたこともないような問題が出てくるとか。

ゲイリー・モナハン:それはそうでもないでしょう。どちらにせよグローバルでこのテーマがクローズアップされるようになるため、どの会社にとってもサプライズにはならないはずです。しかし、株主名簿に海外の投資家が増えるようになれば、ESG、コーポレート・ガバナンス、そして事業内容や今後の方向性といった一般的な質問にも、これまでより確実に注意を払わなければならなくなります。

リチャード・エドガー:企業は、これから投資される資金を何に使うと思いますか?

ゲイリー・モナハン:願望としては、海外からの投資資金は優良企業により多く流れて欲しいと思います。特に、当社がアクティブ運用を期待される場合には、当社が投資先の企業を選別できるようになるため、優良企業がその際に事業へ投資できる資金を多く獲得し、より高い収益率を捻出してくれることを願います。

ルーク・フローリッチ:私が、「この市場はいかがですか。ものすごいスピードで成長していますよ」と言うと、それに対して海外投資家からは、「それは借金を積み上げているだけですよ。リスクという視点でみれば、実際、良い事ではありません」といった反応を見せたりします。事実は異なります。会社が発展する段階とも関係しますが、アジア、特に中国における企業のほとんどは、極端に銀行システムへの依存度が高く、運転資金や設備投資の資金調達として銀行から融資を受けます。もし、次々と発展し、洗練されるに従い、銀行融資では賄えないような多額の資金が必要になります。資本市場から資金を調達するしかありません。もう一つは、洗練されればされるほど、資金調達先を分散する必要性があります。それが、こういった企業がアジアの米ドル建て債券市場や海外市場に進出してきた動機です。つまり、必ずしも少数の会社が債券発行額を増やしているのではなく、実際には複数の会社が債券発行額を増やしており、そして毎月、新たな発行体が市場にデビューしてきています。デビューには、多くのリサーチ力を要しますが、同時に、資本市場における分散を大きく高める可能性もあります。

ゲイリー・モナハン:それでは、A株市場にある超大型企業とは別として、そういった企業が債券市場を利用するようになっているか考えてみてください。超大型企業でない限り、実質的に債券市場に進出したことはないと言えるのではないかと思います。今後はそういった企業が増えてくるのでしょうか?

ルーク・フローリッチ:このような企業が現在直面している問題は2つです。第1に、中小企業のリスクは高くなる傾向があり、どちらかと言えばハイイールドの分野ですが、中国本土においてはハイイールド市場が形成されていません。ハイイールド債の発行体企業の多くは、実際には「フォーリン・エンジェル(投資適格だったものが環境悪化によって投機的格付に格下げされた企業)」です。これが第1のポイントです。2つ目は、米ドル建て債券市場においてほぼ無名に近い企業が発行しようとすれば、投資家に寄せて高い利息をつけなければならず、それは企業にとっては意味のないことです。つまり、中小企業がこの市場に参入してくるのはまだ先と考えられます。

リチャード・エドガー:ゲイリーさん。先ほどアクティブ運用についておっしゃっていましたが、インデックスに採用されるかどうかによって中国での売買動向が鈍化する可能性はあるのでしょうか? 今や投資家はインデックス追随型ファンドへ資金を投入し、エクスポージャーを確保して投資先を分散できるようになりました。例えば、中国のエクスポージャーでも。しかも非常に安く。

ゲイリー・モナハン:まず、思い出して頂きたいのは、現在、インデックスに採用された銘柄の比率は5%しかないということです。従って、中国株については、事実上、本来の時価総額の5%しか反映されていません。銘柄数では、インデックスに組み込まれるのは234社のみですが、実際には約4,000~4,500社が上場しています。率直に言ってこれら上場企業のほとんどは流動性がない等の理由により、当社のような投資家にとっては投資対象とはなりませんが、インデックスには含まれない企業がたくさんあるわけで、アクティブ運用のマネージャーは、インデックスの縛りを超えて、判断が正しければアルファが出せるような銘柄まで調べる必要があります。

ルーク・フローリッチ:「中国本土のような市場に投資する上でなぜアクティブ運用を利用するべきなのか?」は、頻繁に聞かれる質問です。例えば、高度に発達した、効率的な市場といった一部の市場であれば、特にアクティブ戦略を補完するものとしてパッシブ投資を利用することも一考に値するでしょうが、中国本土の債券市場での大きな課題の一つは、発行体の信用リスクを適切に評価できるかどうかということです。本土では、現地格付け機関が、「AAA」「AA」「A」の3つの格付けしか使わず、事実、最近の傾向としては、それぞれの格付けグループ内で信用スプレッドに差が出てきているようです。従って、もし、海外投資家がこういった格付けに沿って投資しようとすれば、特にパッシブに投資する場合などは、ランダムに投資されるため、拡大傾向にあるスプレッドか縮小傾向にあるスプレッドか、どちらを信用すればいいのか分からない事が問題になります。つまり、アクティブ運用が大きな意味を持つ市場であるという事です。

リチャード・エドガー:格付けでの分散はかなり少ないですが、企業の経営方法の実態とそのリスクは分散されているということがポイントになります。

ルーク・フローリッチ:確かにそうです。標準的な市場ではありますが、格付けが必ずしも企業の実態を反映しているとは限りません。

ゲイリー・モナハン:アクティブ運用で投資しようとする場合には、株主である自分に代わって働いてくれそうな運用会社を選ぶべきでしょう。つまり、パッシブ投資を行う場合、特に国営企業が非常に多い中国等では、自らが認識していないリスクを抱えることもあります。とりわけパッシブ市場の大半が国営企業である場合には、経営に口を挟むことができない企業に投資することになるでしょう。そして一般的に経営は政府が関与する部分があり、国内事業の委託を受けたり、時にはその投資額が少なかったりします。

リチャード・エドガー:つまり、別の言葉で言いかえると、そういった企業は、株主よりも国に配慮した経営をするよう依頼されたり指示されたりするのです。

ゲイリー・モナハン:例えば、私が国営銀行の融資担当だったとして、ルークさんがかつてないベストなアイデアを持ち込んで借入を申し込んできた、とします。しかし、リチャードさんの会社は、200万人を雇用しているならば、政府は、「200万人を雇用しているリチャードさんの会社に融資しなさい」と言うかもしれないのです。株主の視点と今後の成長という点から言えば、ルークさんの会社に融資すべきであり、経済の発展に資する可能性もあります。従って、このような固有のリスクを理解していなければ、パッシブ投資では、経営にあまり口を挟めない企業へ投資することになり、本来投資したい企業へ資金を投じることができなくなってしまう可能性もあります。

リチャード・エドガー:それでは、一般的な仕組みを持つ企業のガバナンスはどうなっているのでしょうか? あるいは、国営企業よりは我々にとっておそらく身近な企業等では、経営者側が優先する事は何ですか? それは他の企業とは違うのか、あるいは、一部のそのような企業ではまだ発展途上なのでしょうか?

ゲイリー・モナハン:実際にはアジアではどこでも当てはまることであり、中国だけの話ではないのですが、「コーポレート・ガバナンスがお粗末」と言う話が出てきます。それがどういうことなのか、考えてみるべきでしょう。実際、特に経験を積んだ超大型企業以外の企業と面談する際には往々にしてそう感じるのですが、そのような企業の株式の大半は創業者とその知人等が所有しており、彼らはそれまで本当の意味で株主に対応したことがないのです。つまり、投資された資金を持ち出して逃避するとか粉飾決算をしている話ではなく、単に株主の期待に応えようとしたことがないだけなのです。つまり、お粗末なコーポレート・ガバナンスではなく、単にコーポレート・ガバナンスの経験がないのです。

リチャード・エドガー:それではそのような企業に関与すべきでしょうか? これは、フィデリティの投資プロフェッショナルが外部の人と話す際によく話題になる事でもあります。どのような話になるのでしょうか?

ゲイリー・モナハン:地に足をつけてじっくりと話すしかありません。アナリスト経由であろうと、ポートフォリオ・マネージメント・チーム経由であろうと、しばしば見られるケースで、株式資本市場チームとして、会社として関与する役割において投資の観点から重要と考えられるいくつかの事柄を協議する場合でも当てはまります。そして当社として賛同できる内容をお伝えします。

ルーク・フローリッチ:それは非常に重要なポイントであり、時に、アジア以外では誤解されることもある点です。アジアの大企業では、例えそれがアジアの中小企業であっても、通常、株式は一部の所有者に集中しています。一般的には会長やCEOといった創業者が株主であり、ある意味、これがアジアの債券市場の爆発的成長の原動力になったとも言えます。欧州系の銀行がアジアから撤退し始めた2010年を振り返ってみれば、多くの発行体が市場に出現し、投資家に対する開示が進む結果となりました。債券を発行するならば格付けも取得した方が有利に働き、大量の情報も開示しなければなりません。取引所に上場する際も同じです。これは、当社がカバーしている企業のガバナンスを強化するための強力な要因になります。

リチャード・エドガー:アジアでは、依然、発展途上であり、確立されるにはまだ道は遠いですが、すでに多くの発展もありました。

ルーク・フローリッチ:はい。若干違う話題になりますので、「エマージング(新興)」という言葉は注意して使いたいと思います。アジア市場に必ずしもなじみがない投資家は、アジアを新興国市場という一括りにして、同じバケツに入れようとすることです。それにより、「アジアはあまりにも高い。ラテンアメリカをご覧なさい。イールドはもっと高いし、リターンももっと高い。」等と言うようになります。それは比較できないものを比較しています。現実は、アジアに投資しようとすると、債券であれば約16の市場が投資対象になります。

リチャード・エドガー:それらの市場のいくつかはかなり先進的であると。

ルーク・フローリッチ:一部の国はかなりの先進国です。例えば、香港やシンガポールといった国は、極めて高度な先進国であり、シンガポールの一人当たりGDPは、実際、ドイツの一人当たりGDPを上回っています。私が言いたいのは、先進国経済と新興国経済が程よく混在している状態について話しており、「エマージング」について述べるのは若干危険であるということです。

リチャード・エドガー:人々はまさにこういった類の理由により、新興国市場の債券からアジアへとシフトし始めており、今の指摘は大変興味深い点です。つまり、リスク特性を変えており、ほかの債券市場から離れるという分散はありますが、おそらくそれに付随しているリスクを下げることにもなると。

ルーク・フローリッチ:リスクを下げることになるかどうかは分かりません。アジアが何を提供すべきかについては意識されるようになってきていると思います。最近まで、アジアに目を向ける人は獲得できるイールドに注目していることがほとんどでした。イールドの追跡です。実質的に、アジアの債券市場は、欧州よりもかなり高いイールドを得られます。欧州のイールドは、米国と似たようなものですが、デュレーションがより低くなります。リスク特性という点でみれば非常に魅力的な提案です。そこで人々は投資できる各種セクターにも目を向けるようになりました。アジアの米ドル建て債券市場は、過去10年にわたり、毎年年率約20%のペースで成長してきた市場であり、これにより、新たなセクターも出現しました。数年前は、カジノ銘柄に賭けたいと思っても1銘柄か2銘柄しかありませんでしたが、今や、実際にセクターとして確立しています。従って人々が見ているのはイールドだけではなく、ポートフォリオをほかの業界にも分散しようという点です。

リチャード・エドガー:そして人々が求めている結果も変わりつつあるという事ですよね、ゲイリーさん。アジアは、今やグロースだけではないですよね。

ゲイリー・モナハン:確かにそうです。アジアにおいては非常に興味深いほかの要素もあります。例えば、配当です。アジアを配当市場と捉えることに衝撃を受ける人も多いですが、例えば、タイのような市場では現在のイールドは約2.7%ですし、台湾は3.5%以上あります。ルークさんが分散と言いましたが、異なる種類の投資家に異なるものを提供する市場になっているのです。実際、株式のリターンについて、アジア地域では配当増が重要なドライバーの一つであるという分析レポートを読んだ人がいました。つまり、グロース以外の要因もあるという意味です。しかし、当然ながら配当を増やすには、一般的には事業を成長させ、キャッシュフローを増やす必要があります。従って、それらは連動していますが、グロース以外の要因もあるということです。

リチャード・エドガー:ルークさん、投資家がアジアの債券に資金を投資した場合、正確には何を買っているのでしょうか?

ルーク・フローリッチ:上記で挙げた一つのポイントは、この先進国市場と新興国市場が混在している良好なバランスです。この点については十分強調できていませんでした。これ以外では、彼らが買っているものは分散であり、他市場との低い相関です。中国本土での債券市場について話しましたが、(他市場よりも)イールドがやや高いため、多くの人がこの市場に注目しています。しかし、何が主なメリットかというと、特に、多くの人が、伸長したバリュエーションやボラティリティを懸念している市場において、中国本土の市場が他の資産クラスとの相関がほぼない資産クラスであるということです。従って、分散という意味でポートフォリオに組み込むのも良いと考えます。これこそまさに機関投資家が求めているメリットです。機関投資家は、イールドの他に、分散のポテンシャルをみています。

ゲイリー・モナハン:それとは別にして、より大局からみれば、アジア、それもアジアの株式市場を買うことは、未来を買っているのです。アジアでは、ほかのどこの地域にもないような新たなビジネスが次々と展開されています。テンセントがそのよい例でしょう。テンセントは、西側諸国には実質的に存在していなかった複数の機能を持つWeChatというプラットフォームです。西欧の企業はそれを見て、「ワォ、我々もこれをやってみたいね。」と言うことがあります。つまり、将来に投資し、将来の成長にも投資することになるのです。ここでちょっと統計をみてみると、アジアの人口は45億人で世界の人口の約60%を占めています。GDPはグローバルでのGDPの35%ですが、ほかのどの地域よりも速いスピードで成長しており、例えば、インドネシアのGDP成長率は5%強、中国は6.5%、インドは約7%となっています。つまり、現在の成長軌道が続けばこの35%はいずれ上昇するわけであり、現在の成長が減速するとも思えません。

リチャード・エドガー:目下、欧州や米国に変化が出てくる理由はないようにみえます。

ゲイリー・モナハン:GDP成長率が現在と同じペースで続くとは思えませんが、日本を除くアジアがグローバル株式インデックスに占める割合はわずか4.5%です。

リチャード・エドガー:つまり、非常に大きなミスマッチになっているわけですね。債券市場でも同じだと思われますが、この尺度でみれば、アジアへのアロケーションの比率は本来あるべき比率よりも大幅に低水準と言えます。しかし、おそらくそれには理由があるのでしょう。そろそろ終了の時間が近づいてきましたが、アジアに投資すべき理由を中心の話題にしてきたこの有意義な座談会ですが、今後、投資家は何に気をつけたらいいと思いますか? ダウンサイドのリスクは何でしょうか? いきなり投資するわけにもいかないでしょう。

ルーク・フローリッチ:アジアのような市場でみられる従来型のリスクは、ボラティリティの上昇です。最もよく言われるのは、不透明感が高まった局面においては、アジアを含め、新興国市場のボラティリティが大幅に上昇するということです。しかし、これは実際にはそうではありません。BREXITの国民投票やトランプ大統領の選挙のときを振り返ってみれば、実際には、アジアの米ドル建て債券市場、特に投資適格債券は、安全な避難場所となりました。他の地域から隔離されている環境に資金をシフトできる上、実際には、その機会費用が安いためです。

リチャード・エドガー:あれは、歴史的な転換点でしたね、ゲイリーさん。

ゲイリー・モナハン:確かにそうです。そしてボラティリティの上昇に伴い、一部の市場に総じて多くの個人投資家が参入するようになり、これがかく乱要因になったとも言わざるを得ません。つまり、想定した方向と逆の展開になることもあるということであり、これがリスク要因です。しかし、先ほど述べたとおり、アジアには多くの国営企業があり、市場においても割合が大きいため、特にパッシブ投資家は、そのリスクを取ることになります。国営企業では、その会社が手元資金で何をしようとしているのか開示されないこともあります。従って、注意すべきリスク要因は存在しており、なぜアクティブ投資家かというポイントに戻ると、重要なセールスポイントの一つに、アジアでのアクティブ投資はこのような分野を避けようとする事ができるということが挙げられます。全ての国営企業が悪いわけではないとはお伝えしたいですが、企業が誤った投資をしてしまうリスクがあるのです。

リチャード・エドガー:ルークさんはいかがですか?

ルーク・フローリッチ:数年後ではないにせよ、おそらく数カ月後には、中国でデフォルトが増えていると耳にするようになるでしょう。これは、すでに全ての、あるいは、ほとんどの全国紙の見出しとなっていますが、実際、現場で聞く話をまとめると、ポジティブな展開と考えられます。すなわち、資本配分が改善されるという意味でポジティブであり、債務を積み上げているような不良企業、例えば、無分別にM&Aだけ行っているような企業は痛い目に遭うと思います。政府は、「投資家は自分が取っているリスクを理解しなければなりません」といった姿勢を取るでしょう。従って、適切な資本配分を後押しするという意味で上場企業にとっては追い風となりますし、もし、それが優良企業であれば、資金調達コストが下がると思われ、それは投資家にとっても、リスクに見合う企業に投資するには良い事です。

リチャード・エドガー:従って、より効率的な市場により成熟度が増し、それが恩恵につながるということですね。

ゲイリー・モナハン:そしてもう一つ考慮すべきリスクは、制度的なリスクであり、つまり、これから規制環境で何らかの変化があるだろうことです。場合によっては法的分野にも及ぶかもしれず、例えば、タイ等がその良い例です。タイでは随分と長い年月に亘り選挙がありませんでしたが、これからいくつか選挙があり、その最初の選挙は来年に行われます。従って、アジアへの投資を検討する際はそのようなリスクを取ることになるかもしれません。しかし、これについても、十分に選別すればいいだけの話です。

リチャード・エドガー:投資機会は豊富ですが、総括すると、慎重に投資することがおそらく最善の方法という事でしょう。お二人ともありがとうございました。本日のゲストはゲイリー・モナハン氏とルーク・フローリッチ氏でした。

このウェブサイトは機関投資家(自己勘定取引を行う個人投資家以外の法人その他の投資家)への情報提供のみを目的として作成されたものです。

当ウェブサイトに掲載される情報は、かかる投資関連情報の流布が違反となる法域の人物に提供するものではなく、そういった人物によって拡散されたり利用されたりすることを意図したものではありません。当サイトに掲載される情報は、ウェブサイトにアクセスしている所在国の規制当局によって「個人投資家」と定義され得る人物に向けたものではありません。当サイトにある情報または意見は、何らかの投資商品の勧誘や募集と解釈すべきではなく、かかる投資商品またはサービスの募集、勧誘、売買が違法となる法域にいる人物に対して募集ないし販売されるものでもありません。フィデリティは、当ウェブサイト上に自社の見解や意見を掲載していますが、これらは変更される可能性があり、そういった変更があった場合に当ウェブサイトを更新しなければならないという責務はないものとします。当ウェブサイトの内容はいずれも投資、税務、法務、その他の助言と解釈すべきではありません。当ウェブサイトにある情報は通告なく変更される可能性があります。

FILファンド・マネジメント・リミテッド、FILリミテッド、またはそれらのグループ会社か関連会社のいずれも、当ウェブサイトから入手した情報によって直接または間接的に発生した損失の責を負うものではありません。

当ウェブサイトはバミューダ籍の法人でバミューダ金融庁から投資事業免許を取得しているFILファンド・マネジメント・リミテッドが作成しています。

記事に関するお問い合わせはフィデリティ投信株式会社の担当までご連絡ください。

FMA18080604