Welcome to Fidelity

Select a location so we can provide you with the appropriate information

Bienvenue chez Fidelity

Veuillez sélectionner un pays afin que nous vous communiquions l'information appropriée

Willkommen bei Fidelity

Wählen Sie Ihren Standort aus, damit wir Ihnen die für Sie passenden Informationen anzeigen können.

Benvenuti in Fidelity

Seleziona un paese in modo da consentirci di fornirti le informazioni appropriate

フィデリティのウェブサイトへようこそ

適切な情報を表示するため、現在お住まいの地域を選択してください。

Important information

I confirm that I am accessing this website for the purpose of acquiring information as, or for, an Institutional Investor (a corporate or other non-retail investor acting for their own account).

By accessing the restricted area I confirm my agreement with‚ and understanding of‚ the following terms of use and the legal provisions. If I do not agree to the terms and legal conditions‚ I must not access this website or any pages thereof. I acknowledge that access to the information contained on this website is available to "Qualified Investors" only as defined below. A private individual or legal representative or any other party without this qualification should not enter this website.

By accessing this website or any of its pages‚ I confirm that I am a qualified investor in accordance with Art 10.3 CISA.

The following are considered to be qualified investors:

  • supervised financial intermediaries such as banks, securities dealers‚ management companies and asset managers of collective investment schemes‚ as well as central banks;
  • supervised insurance companies;
  • public-law bodies and occupational pension institutions with professional treasury;
  • companies with professional treasury.

I understand the information contained in this website is not directed at, nor is it intended for distribution to, or use by, persons in any jurisdiction in which the dissemination of such investment related information is not permitted. I also understand that the information contained in this site is not directed to any party that may be defined as a ‘retail investor’ by the home regulator of the country in which the website is being accessed. I understand that the information or opinions contained herein should not be construed as an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any investment product nor shall any such investment products or services be offered or sold to any person in any jurisdiction in which such offer, solicitation, purchase or sale would be unlawful. Fidelity has expressed its own views and opinions on this website, and these may change and there is no obligation to update them. Nothing in this website should be construed as investment, tax, legal or other advice. The information contained herein is subject to change without notice.

I understand the information contained in this website is not directed at, nor is it intended for distribution to, or use by, persons in any jurisdiction in which the dissemination of such investment related information is not permitted. I also understand that the information contained in this site is not directed to any party that may be defined as a ‘retail investor’ by the home regulator of the country in which the website is being accessed. I understand that the information or opinions contained herein should not be construed as an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any investment product nor shall any such investment products or services be offered or sold to any person in any jurisdiction in which such offer, solicitation, purchase or sale would be unlawful. Fidelity has expressed its own views and opinions on this website, and these may change and there is no obligation to update them. Nothing in this website should be construed as investment, tax, legal or other advice. The information contained herein is subject to change without notice.

This website has been issued by FIL Fund Management Limited, a Bermuda company licensed to conduct investment business by the Bermuda Monetary Authority. Neither FIL Fund Management Limited, its parent company FIL Limited, nor any of their group companies or affiliates makes or gives any warranty or representation that any information contained on this website is accurate, complete, or fit for any particular purpose.

I acknowledge that neither FIL Fund Management Limited, FIL Limited, nor any of their group companies or affiliates will have any liability for any losses arising directly or indirectly from any information accessed from this website. By accepting this representation I also confirm my agreement to the website Terms and Conditions, which I have read and understood.

Fidelity International, the Fidelity International logo and F symbol are trademarks of FIL Limited, a company existing under the laws of Bermuda.

If the above representation is correct, please click 'I agree' below to continue to the site.

Information importante

Je confirme accéder à ce site Internet afin d’obtenir des informations en qualité d’investisseur institutionnel.

Je comprends que les informations contenues sur ce site Internet sont destinées exclusivement aux investisseurs résidant en France et ne doivent pas être diffusées à quiconque pouvant être considéré comme un investisseur particulier. Je comprends que les informations ou opinions présentées sur ce site ne constituent pas des recommandations d’achat ou de vente. Fidelity a exprimé ses propres vues et opinions sur ce site Internet, et celles-ci peuvent évoluer sans que Fidelity n’assume aucune obligation de les actualiser. Aucun élément de ce site Internet ne doit être interprété comme un avis d’investissement, fiscal ou juridique ou autre. Les informations que comporte ce site peuvent changer sans notification.

Ce site Internet est présenté par FIL Gestion, SGP agréée par l'AMF sous le n°GP03-004, 29 rue de Berri, 75008 Paris. Ni FIL Gestion, ni sa société mère FIL Limited, ni aucune des sociétés ou affiliées du groupe ne garantit ni ne fait aucune déclaration sur l’exactitude, l’exhaustivité ou l’adaptation à une finalité donnée des informations présentées sur ce site Internet.

Je reconnais que ni FIL Gestion, ni FIL Limited, ni aucune des sociétés ou affiliées du groupe n’assume une quelconque responsabilité au titre de toute perte découlant directement ou indirectement de toute information obtenue à partir de ce site Internet.

Ce site présentant des informations en langues française et anglaise, j’accepte de recevoir des informations non exclusivement rédigées en français.

Je confirme également, par l’acceptation de cette déclaration, mon accord sur les conditions et modalités du site Internet que j’ai lues et comprises.

Fidelity, Fidelity International, le logo Fidelity International ainsi que le symbole F sont des marques déposées de FIL Limited.

Si vous accepter les termes de la déclaration ci-dessus, veuillez cliquer sur « j’accepte » ci-dessous pour poursuivre votre navigation sur ce site.

Wichtige Informationen

Hiermit bestätige ich, dass ich diese Website zur Informationsbeschaffung als institutioneller Anleger (ein auf eigene Rechnung handelndes Unternehmen oder ein anderer nicht als Privatanleger geltender Investor) bzw. für einen institutionellen Anleger besuche.

Mit dem Zugriff auf den zugangsbeschränkten Bereich bestätige ich, dass ich die folgenden Nutzungsbedingungen und rechtlichen Klauseln verstanden habe und mit ihnen einverstanden bin. Andernfalls darf ich auf diese Website oder Teile davon nicht zugreifen. Mir ist bewusst, dass der Zugang zu den Informationen auf dieser Website nur für „qualifizierte Anleger“ gemäss untenstehender Definition vorgesehen ist. Eine Privatperson, ein rechtlicher Vertreter oder irgendeine andere Partei ohne diese Qualifikation sollte nicht auf diese Webseite zugreifen.

Mit dem Zugriff auf diese Website oder Teile davon bestätige ich, dass ich ein qualifizierter Investor gemäß Art 10 Absatz 3 des schweizerischen Bundesgesetzes über die kollektiven Kapitalanlagen bin.

Als qualifizierte Anlegerinnen und Anleger im Sinne dieses Gesetzes gelten:

  • beaufsichtigte Finanzintermediäre wie Banken, Effektenhändler, Fondsleitungen und Vermögensverwalter kollektiver Kapitalanlagen sowie Zentralbanken;
  • beaufsichtigte Versicherungseinrichtungen;
  • öffentlich-rechtliche Körperschaften und Vorsorgeeinrichtungen mit professioneller Tresorerie;
  • Unternehmen mit professioneller Tresorerie.

Mir ist bewusst, dass sich die Informationen auf dieser Website nicht an Personen richten bzw. für sie bestimmt sind, in deren Land die Verbreitung solcher anlagebezogenen Informationen nicht erlaubt ist. Mir ist bewusst, dass die hier zu findenden Informationen oder Meinungen nicht als Aufforderung zum Kauf oder Verkauf eines Anlageprodukts zu verstehen sind. Es sollen auch keine solchen Anlageprodukte oder Dienstleistungen Personen angeboten oder verkauft werden, in deren Land ein entsprechendes Angebot, eine Aufforderung, ein Erwerb oder Verkauf ungesetzlich wäre. Fidelity äußert auf dieser Website seine eigenen Ansichten und Meinungen, die sich jederzeit ändern können, ohne dass eine Verpflichtung zur Aktualisierung besteht. Kein Inhalt dieser Website ist als Beratung in Bezug auf Geldanlagen, Steuern, rechtliche oder sonstige Aspekte zu verstehen. Die hierin enthaltenen Informationen können sich ohne entsprechende Mitteilung jederzeit ändern.

Mir ist bewusst, dass sich die Informationen auf dieser Website nicht an Personen richten bzw. für sie bestimmt sind, in deren Land die Verbreitung solcher anlagebezogenen Informationen nicht erlaubt ist. Mir ist ebenfalls bewusst, dass sich die Informationen auf dieser Website nicht an Adressaten richtet, die von der Aufsichtsbehörde in dem Land, von dem aus die Website besucht wird, möglicherweise als „Privatanleger“ klassifiziert werden. Des Weiteren ist mir bewusst, dass die hier zu findenden Informationen oder Meinungen nicht als Aufforderung zum Kauf oder Verkauf eines Anlageprodukts zu verstehen sind. Es sollen auch keine solchen Anlageprodukte oder Dienstleistungen Personen angeboten oder verkauft werden, in deren Land ein entsprechendes Angebot, eine Aufforderung, ein Erwerb oder Verkauf ungesetzlich wäre. Fidelity äußert auf dieser Website seine eigenen Ansichten und Meinungen, die sich jederzeit ändern können, ohne dass eine Verpflichtung zur Aktualisierung besteht. Kein Inhalt dieser Website ist als Beratung in Bezug auf Geldanlagen, Steuern, rechtliche oder sonstige Aspekte zu verstehen. Die hierin enthaltenen Informationen können sich ohne entsprechende Mitteilung jederzeit ändern.

Diese Website wurde von FIL Fund Management Limited eingerichtet, einem Unternehmen mit Sitz auf bzw. nach dem Recht der Bermuda-Inseln, das über eine Genehmigung der Bermuda Monetary Authority zur Ausübung von Investmenttätigkeiten verfügt. Weder FIL Fund Management Limited noch sein Mutterunternehmen FIL Limited oder irgendein anderes Konzernunternehmen oder verbundenes Unternehmen übernimmt die Gewähr dafür oder erklärt, dass die Informationen auf dieser Website zutreffend, vollständig oder für jedwede Zwecke geeignet sind.

Ich erkenne an, dass weder FIL Fund Management Limited noch FIL Limited oder ein anderes Konzernunternehmen bzw. verbundenes Unternehmen für etwaige Verluste haftet, die direkt oder indirekt aus einer auf dieser Website beschafften Information resultieren. Durch Annahme dieser Erklärung bestätige ich auch mein Einverständnis mit den Nutzungs- und Geschäftsbedingungen dieser Website, die ich gelesen und verstanden habe.

Fidelity International, das Fidelity International Logo und das F-Symbol sind Markenzeichen von FIL Limited, einem nach dem Recht der Bermuda-Inseln eingetragenen Unternehmen.

Diese Website präsentiert Informationen in englischer und deutscher Sprache. Als professioneller Anleger akzeptiere ich hiermit, Informationen in mehr als einer Sprache zu erhalten.

Wenn die obige Erklärung zutrifft, klicken Sie bitte auf „Ich stimme zu“, um auf die Website zu gelangen.

Informazioni importanti

Confermo di voler accedere a questo sito web per acquisire informazioni in veste o per conto di un Investitore istituzionale (una società o altro investitore non retail che agisce per proprio conto).

Riconosco che le informazioni contenute in questo sito web non sono dirette né sono destinate alla distribuzione o alluso da parte di soggetti in qualsiasi giurisdizione in cui la diffusione di tali informazioni relative allinvestimento non è consentita. Riconosco inoltre che le informazioni contenute in questo sito web non sono dirette a soggetti che potrebbero essere definiti "investitori retail" dall'autorità di vigilanza nazionale del paese dal quale si accede al sito stesso. Riconosco che le informazioni o le opinioni contenute in questo sito web non devono essere interpretate come un'offerta di vendita o come la sollecitazione di un'offerta di acquisto di un prodotto o un servizio di investimento, né tali prodotti o servizi di investimento possono essere offerti o venduti a soggetti di giurisdizioni nelle quali tale offerta, sollecitazione, acquisto o vendita sarebbero illegali. Questo sito web contiene giudizi e opinioni espressi da Fidelity, che sono soggetti a modifica e rispetto ai quali non sussiste alcun obbligo di aggiornamento. Nulla di quanto contenuto in questo sito web va considerato come una consulenza di investimento, fiscale, legale o di altra natura. Le informazioni qui riportate sono soggette a modifica senza preavviso.

Questo sito web è pubblicato da FIL Fund Management Limited (una società delle Bermuda autorizzata a svolgere attività d'investimento dalla Bermuda Monetary Authority). Né FIL Fund Management Limited, né la sua società madre FIL Limited, né alcuna delle loro società del gruppo o affiliate fornisce o rilascia alcuna garanzia o dichiarazione che le informazioni contenute in questo sito web siano accurate, complete o adatte a uno scopo particolare.

Riconosco che né FIL Fund Management Limited, né FIL Limited né alcuna delle loro società del gruppo o affiliate si assumono alcuna responsabilità per eventuali perdite derivanti direttamente o indirettamente da informazioni ottenute da questo sito web. Accettando questa dichiarazione confermo anche di aver letto, compreso e accettato i Termini e le condizioni d'uso del sito web.

Fidelity International, il logo Fidelity International e il simbolo F sono marchi di proprietà di FIL Limited, una società costituita nelle Bermuda.

Se la dichiarazione di cui sopra è corretta, cliccare "Accetto" qui sotto per continuare a visitare il sito.

重要な情報

私は、機関投資家(自己勘定取引を行う個人投資家以外の法人その他の投資家)として、あるいはかかる機関投資家のために、当ウェブサイトにアクセスし、情報を取得するものです。

私は、当ウェブサイトに掲載される情報は、かかる投資関連情報の流布が違反となる法域の人物に提供するものではなく、そういった人物によって拡散されたり利用されたりすることを意図したものでもないことを理解しています。また、当サイトに掲載される情報が、ウェブサイトにアクセスする場所の国の規制当局によって「個人投資家」と定義され得る人物に向けたものではなく、当サイトにある情報または意見は、何らかの投資商品の勧誘や募集と解釈すべきではなく、かかる投資商品またはサービスの募集、勧誘、売買が違法となる法域にいる人物に対して募集ないし販売されるものでもないことも理解しています。フィデリティは、当ウェブサイト上に自社の見解や意見を掲載していますが、これらは変わる可能性があり、そういった変更があった場合に当ウェブサイトを更新しなければならないという義務は負っていません。当ウェブサイトの内容はいずれも投資、税務、法務、その他の助言と解釈すべきではなく、ウェブサイト上の情報は通知なく変更される可能性があります。

当ウェブサイトはバミューダ籍の法人でバミューダ金融庁から投資事業免許を取得しているFILファンド・マネジメント・リミテッドが作成しています。FILファンド・マネジメント・リミテッド、その親会社であるFILリミテッド、またはそれらのグループ会社か関連会社のいずれも、当ウェブサイトに掲載される情報が正確であるとか、完全であるとか、特定の目的に適合したものである等の保証や表明は行っておらず、そういった保証や表明を提供することもありません。

FILファンド・マネジメント・リミテッド、FILリミテッド、またはそれらのグループ会社か関連会社のいずれもが、当ウェブサイトから入手した情報によって直接または間接的に発生した損失の責を負うものではないことに了承します。

フィデリティ・インターナショナル、フィデリティ・インターナショナルのロゴおよびFのシンボルはバミューダ法の下で設立された法人であるFILリミテッドの商標です。

以上をご確認いただける場合には、以下の「同意します」ボタンをクリックしてください。

Illustration: Joe Waldron

サイバーセキュリティとデータ保護:相互に接続している世界のESGリスク

by Sumant Wahi, Jonathan Tseng, Mike Morey, Mendy Zhang, Ronald Chung, Federico Wynne and Raji Menon

公開 2018年4月11日

ESGテクノロジーサイバーセキュリティ

サイバーセキュリティとデータ保護は、企業が管理すべき最も重要なESGリスクの一画として急速に台頭してきています。

風評被害、法的コスト、データ紛失等は企業業績を悪化させ、時には会社の存続に関わってくることさえあります。これが、株式や債券投資の判断を行うに際し、企業のサイバーリスクを斟酌することがなぜ重要であるかの理由です。

フィデリティの「2018年アナリスト調査( 2018 Analyst Survey)」によれば、サイバーリスクは企業にとって最大の懸案事項の一つであり、それぞれが競って防衛を強化するようになるにつれ、IT関連の支出も拡大すると示唆されます。「世界経済フォーラム - グローバルリスク報告書 2018年度版(World Economic Forum’s Global Risk Report)」では、2018年における重大なグローバルリスクのランキングに「大規模なサイバー攻撃」が第3位、「重大なデータ漏えい」が第4位に挙げられており、レポート発行以来、これらの問題が最も上位に位置する結果となりました(第1位、第2位は異常気象と自然災害)。

IT支出の金額の推移をみると、こういった脅威の大きさがよく表れており、2021年までにグローバル・サイバーセキュリティ関連の支出が(累積)1兆米ドルを突破し、サイバー犯罪コストも、2015年には4,000億米ドルだったものが2021年までに6兆米ドルに達すると目されています。[1]

クラウドソリューションの台頭

多くの人がリスクと考える一方、機会を見いだしている人もいます。現在最も急ピッチで成長しているIT関連分野の一つにクラウド・コンピューティングが挙げられますが、これは、ローカルなサーバーやサイトではなくリモートサーバーにデータを保存や管理できるようにする技術です。この分野は、アマゾン、グーグル、マイクロソフトという米国トップのIT企業3社が独占しています。

クラウドアプリの利用により、最重要データや機密データ以外サイトで保管する必要がなくなるため、コストの削減と柔軟性を確保することが可能となります。例えば、英国の小売企業リバー・アイランドは最近アマゾンのクラウドサービスに自社のウェブサイトを移転しましたが、今や、11月のブラックフライデーのようなピーク時には生産能力を拡大したり、価格を安く抑えたりできるようになったほか、オンライン販売の新しいアイデアを試すことも容易になりました。

しかし、クラウド大手3社の一社へデータを移管する企業が増えるにつれ、データのセキュリティが喫緊の課題として出てきています。クラウドサービスの大手企業にデータのホスティングを委託することは、ビッグ3各社のセキュリティのプロセスやスタッフの専門性の高さ、サービスに対する継続的な投資等を考えれば、総じて社内でデータを管理するよりも安全とみなされます。デメリットは、ハッキングによって顧客のデータが前代未聞のレベルまで漏えいされるリスクでしょう。

現在は、小規模な第三者の企業がこの分野へ参入してくるようになり、ビッグ3のサービスを利用しているがセキュリティ対策を強化したい企業へ売り込もうとする企業が増えています。チェック・ポイント・ソフトウェア、パロアルトネットワークス、ゼットスケーラー(2018年3月に新規株式公開)等は、こういったセキュリティ強化対策会社の一部です。

サイバー犯罪のコモディティ化

2017年、ヤフーは、2013年に起きたデータ盗難によって30億件の口座が影響を受けたと公表しました。その一方、ウィンドウズを標的にしたワーム型ランサムウェアである「ワナクライ(WannaCry)」は、スペインの通信会社テレフォニカ、アメリカの配送企業フェデックス、そして英国の国民健康サービス(NHS)の大半の分野に大きなダメージを与えました。

注:データは2011年~2018年の報道を合計、出所:フィデリティ・インターナショナル、2018年3月

サイバー犯罪は、昔は秘密の部屋に籠るパソコンオタクやインテリハッカーのものでしたが、今や、大規模なコモディティ化が進んでいます。「エクスプロイトキット(訳注:サイバー犯罪者が 用いるハッキングツール)」は闇市場ですぐに入手できるようになっており、サイバー攻撃が簡単かつ安価になっています。

ランサムウェアのツールキットは闇サイトで、たった10米ドル程度で販売されており、これが「ワナクライ」「Petya」「NotPetya」といったマルウェア攻撃の急増の原因にもなっています。ランサムウェアは、攻撃する相手のデータを暗号化し、データを公開するか永遠にアクセスできないように脅して身代金を要求するマルウェアの種類です。

以前なら、中小企業はこういった種類のマルウェアを警戒する必要はなかったのですが、サイバー犯罪がシンプルに、かつアクセスしやすくなったことで多くの中小企業もセキュリティ対策を強化せざるを得なくなりました。低コストのソリューションと柔軟性をうたうクラウド関連の企業は、こういった中小企業との新規取引が続々と始まるという大きな追い風を受けています。

サイバー犯罪にはもはや巨額の予算は必要ない

出所:シマンテック・インターネット・セキュリティ・スレット・レポート2017

サイバー保険市場の活況

業界筋によれば、サイバー攻撃が蔓延し、企業がリスク対策に追われるようになるにつれ、サイバー保険市場は現在の30億米ドルから10倍になると予想されています。

サイバー保険の限度額、つまり、保険金の上限額は過去数年間で総額4億米ドルから16億米ドルまで引き上げられましたが、今後の市場の成長余力を考えれば、保険料は依然として高くないと思われます。

しかし、こういった機会にもかかわらず、保険会社にとっては多くの課題もあります。リスクを評価する十分なデータないし適切なモデルがないことは、保険会社が未だに「価格を探る段階」にあることを意味し、結果的にほとんどの保険会社は保険数理的な手法ではなく、推量に頼って保険料を決めています。

これは、業界が拡大するにつれ、もしくは、いくつかの大規模なサイバー攻撃があれば、今後変わってくるかもしれません。もし、そのような損害が出れば、保険会社がリスク、そして自社の保険商品の価格をより適切に把握できるようになるほか、早い時期から慌てて成長市場に飛びついたものの、思ったよりも収益が出ないことに気がついた業者が排除されることにもつながります。これによる業者の撤退も価格を下支えすることになるでしょう。

保険会社にとってもう一つの大きな懸念材料は、「サイレント」サイバーのリスク、すなわち、明確にはサイバーリスクを排除していない「全リスク対応型」等の損害賠償保険におけるサイバー攻撃の扱いです。保険会社は、サイレントサイバーとしての総合リスクは保険会社の損害保険金額の上限を超える可能性があると懸念しています。現在保険市場はソフトマーケット化(買い手市場化)しており、保険契約条件を大きく変更することは厳しいと感じます。

規制当局は個人情報保護に対して厳しいスタンス

米国大手IT企業が、クラウドソリューションのみならず、IT市場を席巻していることは、独占禁止法や課税からネットワークの中立性に至るまで、幅広い問題について規制当局から指針が発行されることにつながりました。個人情報保護も、欧州と米国の両方において懸案事項と規制当局の目が厳しくなってきています。

ヨーロッパ連合(EU)から直近発表された重要規則は2018年5月に発効した「一般データ保護規則(GDPR)」ですが、この指令は、データの漏えい等を報告する厳格な期限を定め、「忘れられる権利(right to be forgotten)」を明記することでEU市民のデータ保護を強化しようとするものです。

規制当局による最大限の配慮にも関わらず、中小企業等はGDPRのルールにまつわる官僚的な煩雑さを避けようと、最大手を介して顧客と取引する動機を持つかもしれず、結局は、この規則がグーグルやフェイスブック等だけを利することにもなりかねません。英国のチェーン店パブであるJ Dウェザースプーンは、昨年、全てのeメールのメーリングリストの削除を発表し、顧客に対しては今後同社のツイッターやフェイスブックをフォローするよう連絡しました。

しかし、データ保護はGDPRのような対策だけで終了するものではありません。こういったプラットフォームへ単に顧客を移行させることも政策当局の疑心暗鬼を招き、結局、追加の対策がなされることにつながりました。次のターゲットは、「フェイクニュース」を流し、2016年の米国大統領選挙と英国の「BREXIT」国民投票における有権者の行動に影響を与えたフェイスブックかもしれません。当時フェイスブックにおいて、米国にいる約126百万人のユーザーに対して、ロシアのエージェントが直接または間接的に政治的なプロパガンダを流していたとみていますが、これはほとんどの有権者の想像をはるかに超えるスケールでの内政干渉です。 [2]

また、フェイスブックは、トランプ陣営と関連のある企業に対し、5千万人のユーザー個人情報に不正にアクセスさせたという事でも集中砲火を浴びました。[3] フェイスブック株は急落し、CEOのマーク・ザッカーバーグはデータ流出に関与した疑いについて謝罪に追い込まれました。フェイスブックがメディア会社かデータ分析会社かとの問題(つまり、チェックが必要かという問題)は、規制当局が喫緊に取り組むべき問題の一つに挙げられています。ソーシャルメディアの介入は、今や主権および/または民主主義への確実な脅威であり、3月最終週には、IT最大手に対する規制強化の懸念が台頭してきたとの不安が投資家間に広がって株価急落を招きました。

中国との境界

IT企業による市場の独占と個人情報保護は何も米国に限った問題ではありません。中国のインターネット企業大手、往々にしてBATsと呼ばれる、バイドゥ(百度)、アリババ、テンセントの3社は、目下、中国当局との関係について投資家からの厳しい監視の目に晒されるようになっています。

同社の執行役員は、コンプライアンス遵守の上で中国政府と緊密な協力関係にあり、概ね投資収益は低いとみなされるテクノロジー以外のセクターへの投資を義務付けられています。また、中国政府はこういった企業何社かの持分を追加取得することも計画しており、その取得分が割引価格で発行されると予想されているほか、それが会社の商業的判断に影響が及んだり、中国での事業展開コストの上昇を招く可能性もあると言われます。

BATsは、政府からの干渉に慣れているかもしれませんが、外資系企業にとってはそういった要求が受け入れ難いと感じるかもしれません。例えば、厳格なサイバーセキュリティの新法は、国内外の企業に対してセキュリティチェックに応じることと、ユーザーのデータを中国国内に保管することを義務付けています。これは、理屈の上では情報を要求されれば中国政府にそのデータを提出しなければならないという事です。

中国のユーザーは、自分たちの個人情報がIT最大手にどのように扱われるかについて、非常に神経質になってきています。今年初めには、ユーザーがアプリで新規レポートを開くと自動的にソーシャル・クレジット格付けサービスを選択するような設定になっていたとして、アリババのペイメント子会社であるアント・フィナンシャルが謝罪に追い込まれました。

ブロックチェーン:テクノロジーを介してESGを転換

テクノロジーはリスクを増やす一方、ブロックチェーン等のアプリを介してESG基準を強化させることにも使えます。ビットコインを巡るノイズの裏では、それを支える技術、「ブロックチェーン」が、シーフードや紅茶から紛争鉱物や紛争ダイヤモンドに至るまで、様々な分野のサプライチェーンの透明性を静かに向上させつつあります。

インターナショナル・データ・コーポレーションの最新レポートによれば、ブロックチェーンのソリューションに対する支出は、2018年には世界全体で21億米ドルに達し、2017年の945百万米ドルから2倍以上になり、また、2021年までの5年間にかかる支出総額は97億米ドルに達すると予想されています。

出所:インターナショナル・データ・コーポレーション、2018年1月

ブロックチェーンは分散台帳技術、つまり、デジタルな暗号を利用して製品の認証と所有権にかかる改変不可の透明な記録を作成するものです。今年初めには、コンテナ輸送大手のマースク社がIBMとの協力においてサプライチェーンをデジタル化すると発表したほか、世界最大手の小売り/食品会社の一画であるネスレ、ウォルマート、ユニリーバ等も、IBMと協力してブロックチェーン技術を使い、食品の産地や状態についての信頼できる情報を提供し、食品のトレーサビリティを強化すると表明しました。ブロックチェーンはトレーサビリティをより確実なものとし、海産物業界における偽造等の防止目的にも使用されており、例えば、エバーレッジャー(Everledger)というスタートアップ企業では、当初はダイヤモンドの産出地の追跡にブロックチェーンを利用していましたが、現在はダイヤモンド以外の天然宝石、宝飾品、高級ワイン、美術品等にその利用を拡大しています。ダイヤモンドのデータに関するグローバルな登録を作成することにより、偽造品のリスク、保険詐欺、紛争地域からの密輸等のリスクは大幅に減じられます。

この技術は企業による利用にのみならず、例えば、シエラレオネ共和国は投票結果の不正操作を防ぐ意図からブロックチェーンを選挙の集計に導入した世界初の国家となりました。このような動きは、最先端市場にいる機関投資家にとっては追い風になる可能性があります。また、ホンジュラス共和国も、試験的にブロックチェーンを活用して土地の名義登録を行い、貧困国共通の問題である土地名義の詐欺を減らす取り組みを行っています。

しかし、ブロックチェーンの利用にはリスクもあります。例えば、ブロックチェーンの改変不可の取引履歴は、EUの一般データ保護規則、「忘れられる権利」のルールに矛盾する可能性があります。ESGの調査格付け会社であるサステナリティックスによれば、ブロックチェーンを稼働するコンピューターの電源として必要なエネルギーも潜在的な不安材料であるようです。導入の次第によっては、機能させるために数多くのサーバーやデータセンターが必要となり、大量のエネルギーが消費される可能性があります。

サイバー攻撃の複雑さが増していることは、自社の防衛を強化するために企業支出が増えざるを得ないことを意味します。近年サイバーセキュリティがかつてないほど伸びている傾向は今後も続くと思われ、次々と新たな企業が既存の製品に手を加えてくることになるでしょう。投資家は、投資の判断を下すに際し、サイバー攻撃による影響を加味する必要があります。テクノロジーが企業見通しに大災害を引き起こすこともありますが、ブロックチェーンという形式での技術の進歩は、透明性と人権管理を介してESGの向上を推進する力になることもあり得るはずです。テクノロジーはかつてないほどパワフルなものになりましたが、必ずしも恐れることはないでしょう。

[1] Cybersecurity Ventures Report 2017

[2] https://www.reuters.com/article/us-usa-trump-russia-socialmedia/facebook-says-126-million-americans-may-have-seen-russia-linked-political-posts-idUSKBN1CZ2OI

[3] https://www.theguardian.com/news/2018/mar/17/cambridge-analytica-facebook-influence-us-election

メールでのお問い合わせ

ご意見・ご要望をお聞かせください。editorial@fil.com

このウェブサイトは機関投資家(自己勘定取引を行う個人投資家以外の法人その他の投資家)への情報提供のみを目的として作成されたものです。

当ウェブサイトに掲載される情報は、かかる投資関連情報の流布が違反となる法域の人物に提供するものではなく、そういった人物によって拡散されたり利用されたりすることを意図したものではありません。当サイトに掲載される情報は、ウェブサイトにアクセスしている所在国の規制当局によって「個人投資家」と定義され得る人物に向けたものではありません。当サイトにある情報または意見は、何らかの投資商品の勧誘や募集と解釈すべきではなく、かかる投資商品またはサービスの募集、勧誘、売買が違法となる法域にいる人物に対して募集ないし販売されるものでもありません。フィデリティは、当ウェブサイト上に自社の見解や意見を掲載していますが、これらは変更される可能性があり、そういった変更があった場合に当ウェブサイトを更新しなければならないという責務はないものとします。当ウェブサイトの内容はいずれも投資、税務、法務、その他の助言と解釈すべきではありません。当ウェブサイトにある情報は通告なく変更される可能性があります。

FILファンド・マネジメント・リミテッド、FILリミテッド、またはそれらのグループ会社か関連会社のいずれも、当ウェブサイトから入手した情報によって直接または間接的に発生した損失の責を負うものではありません。

当ウェブサイトはバミューダ籍の法人でバミューダ金融庁から投資事業免許を取得しているFILファンド・マネジメント・リミテッドが作成しています。

記事に関するお問い合わせはフィデリティ投信株式会社の担当までご連絡ください。

FMA18042603